相続開始から納税まで

相続の開始は通常、身内の方が亡くなった日になります。お亡くなりになった方を被相続人といい、被相続人の財産を相続する権利のある人を法定相続人といいます。

相続が開始されると様々な手続きをする必要があります。相続は心身ともにつらい中で手続きを進めていかなければなりません。その中でも相続手続きには期限があるものがあり、相続税申告も期限のある手続きの一つです。

相続税の申告は、相続があった事を知った日の翌日から10か月以内に行う必要があります。期限を過ぎてしまうとペナルティとして、延滞税や加算税を本税に加えて課税されたり、本来適用できる控除が適用できなくなるなど、損をしてしまう結果になりますので、相続税の申告が必要な場合には期限を守りましょう。

相続税の申告に至るまでには相続人の調査や財産調査などをしっかり行い、遺産分割協議を行った上で申告するのが一般的な流れとなりますので、これらを速やかに行い、10か月以内に相続税の申告・納付をしなければなりません。余裕をもって相続税申告までの手続きを進めるようにしましょう。相続手続きでお困りの方は、お気軽に富山相続よろず相談室へご相談ください。

相続開始から相続税申告の流れについては、下記を参考にしてください。

 

参考: 相続開始~相続税申告の流れ

相続開始から納税までの流れ

 

 

 

相続税申告について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします