相続税の計算

ここでは、相続税の計算方法についてご紹介させていただきます。計算方法は法律で定められておりますので、確認していきましょう。

 

相続税の計算

1:遺産総額の算出をします。

不動産や預貯金など、プラスの財産と、借金などのマイナスの財産を引いた額が相続税の課税価格となります。

プラスの財産 + みなし相続財産 - マイナスの財産 = 遺産総額

※みなし相続財産とは死亡保険金等などが該当しますが、非課税枠の金額を超えた分のみ計算に加えます。
※被相続人が亡くなる3年前以内に相続人や受遺者等に対する生前贈与があった場合はその分を持ち戻して計算が必要です。

 

2:相続税の基礎控除額の算出

下記の計算式を用いて、相続税の基礎控除額を算出します。

基礎控除 3,000万円 +(法定相続人数×600万円)= 基礎控除額

 

3:課税対象となる遺産総額を算出

上記1と2で算出した額で課税対象となる財産の総額をもとめます。

遺産総額 - 基礎控除額 =課税対象となる総額

 

4:相続税の総額

一旦、法定相続人が法定相続分で遺産を分割するものとして相続税額を算出します。

 (課税対象となる遺産総額 × 法定相続人毎の分割割合) × 税率相続財産 - 控除額 = 法定相続人毎の相続税額

※上記の計算を、相続人毎にします。すべての法定相続人の相続税額を合計したものが相続税の総額となります。

 

5:各人の相続税額の算出

相続税の総額を遺産分割で決定した割合で、各人の相続税額を算出します。

相続税の総額 × 実際の遺産分割の割合 = 各人の相続税額

各人の相続税額が算出できたら、各人の状況に応じ、相続税の控除が適用されたり、加算がされる場合もあります。

 

上記で、相続税の計算方法について簡単にご説明させていただきましたが、実際にご自身で全て算出するとなると、難しい分野ではないかと思います。控除の適用や、財産の評価などはさらに専門的な知識が必要となります。ですから相続税申告が必要な相続の場合には、相続税を専門に取り扱っている税理士にご相談されることをお勧めいたします。

 

 

 

相続税申告について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします