土地の評価

路線価評価と倍率評価

相続税申告のために実際の土地の評価をするの際には、その評価の方法として、路線価方式倍率方式の2つの方法が考えられます。

土地は宅地、田、畑、山林、雑種地等の種類に分類し、「路線価方式」および「倍率方式」で計算していきます。
「路線価方式」はその地域に路線価が設定されている際の評価の方法で、
「倍率方式」とは路線価の定めのない地域で使用されることになります。

 

路線価方式

固定資産税の納税通知書

固定資産税の納税通知書は1年に1度送付されてきますが、この固定資産税の納税通知書に記載されている地積を使用します。

ここの値で概算を計算することは可能ですが、実際の地積と固定資産税の課税地積とは必ずしも一致しているとは限らないので注意しましょう。

路線価図

路線価図は国税庁のHPで閲覧可能です。路線価図にはそれぞれの道路に、数字とアルファベットが載っています。例えば310Dと記載があれば、これは310千円を意味しています。この数字で道路に面している土地の1㎡あたりが31万円だと分かります。この21万円が路線価になります。

 

以上地積と路線価がわかれば

地積×路線価=土地の評価額

で土地の評価額の概算を求めることが出来ます。

 

実際に土地評価では、土地の形状や周辺環境等を考慮し補正されます。

 

倍率方式

固定資産税の課税明細書

固定資産税の課税明細書は固定資産税の課税通知書に同封されて送付されます。
この固定資産税の課税明細書に載っている固定資産税評価額を使用します

評価倍率表

当該土地が倍率地域にあった場合は、路線価の代わり評価倍率を使うことになります。

国税庁のHPで閲覧可能になっています。

 

 

以上の2点を使用し、

固定資産税価格×倍率=相続税評価額 

と計算できます。

 

 

このようにご自身で土地の評価の概算を計算することは可能ではありますが、一方で、それぞれの土地の特徴や形状を考慮した正確で適法な評価をすることも重要なため、富山相続よろず相談室ではまずは専門家に相談されることを推奨しています。

 

適法に土地の評価を出来る限り低く算定が出来れば、納税額を抑えることになります。しかしそれには、適法な評価である事が条件で適法でない評価であった場合、加算税を支払う事にもなります。

富山相続よろず相談室では税理士や弁護士と強い連携をとりながら、適法なサービスを提供しています。富山相続よろず相談室では初回は無料の相談を実施していますので是非ご活用下さい。

相続財産の評価・調査について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします