宅地の評価

宅地の評価について、その使用状況により評価の方法が変わります。下記にて確認をしましょう。

自用地(ご自身が使用している自己所有の宅地(更地))の評価

市街地的形態を形成する地域にある宅地

 路線価方式:路線価値 × 奥行価格補正率 × 地積 

以外の宅地

 倍率方式:固定資産税評価額 × 倍率

 

借地権の評価

自用地評価額 × 借地権割合

 

貸宅地の評価

通常賃貸の場合

自用地評価額 ×(1-借地権割合)

相当の地代を支払う場合

a)権利金の支払いが0で、地代相当の支払を維持している場合       

 →自用地としての評価額 × 80%

b) a)以外 次のうち低い方

 →自用地としての評価額-自用地としての評価額×借地権割合 ×1-(実際に支払っている地代の年額)-(通常の地代の年額) (相当の地代の年額)-(通常の地代の年額)

自用地としての評価額×80%

 

土地の「無償返還の届出」を提出している場合

自用地としての評価額×80%

 

貸家建付地(貸家の敷地の用に供されている宅地のこと)

自用地評価額×(1-借地権×借家権割合)

 

貸家建付借地権(貸家の敷地の用に供されている借地権のこと)

自用地評価額×借地権割合×(1-借家権割合)×賃貸借割合

 

使用貸借により借り受けた宅地等

評価額は0(零)

 

使用貸借により貸し付けられた宅地等

評価額は0(零)

相続財産の評価・調査について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします