借地権の評価

借地権とは

相続が発生した際、その中の財産の一つとして土地が含まれる場合もあるでしょう。
特に、相続税の申告が必要な相続の場合には、適正な額の税金を支払うためにも、正確に当該土地の評価を計算しなければなりません。

土地といっても、その上にはさまざまな権利が付着していることも多く、その代表例として借地権があります。

 

借地権とは、その土地を「所有者から借りて使うことが出来る権利」のことで、正確には建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権と定義されています。

借地権も相続においては財産の一つとして評価しなければならないのです。
建物を建てていても地主に地代を払っていない場合、または地代を払っていても建物が建っていない駐車場等といった場合には借地権は発生しません。

借地権には普通借地権定期借地権という2種類があります。

 

普通借地権とは

普通借地権は、更新のある借地権を意味します。契約期間の満了時に更新を拒否する正当な理由が地主側に無ければ借地権の契約を更新できるものです。

普通借地権の評価は更地として評価した土地の価格に、借地権割合を乗じることで求められます。

自用地価格×借地権割合
となります。

なお、借地権割合は地域ごとに定められてるもので、国税庁HPで確認出来ます。

 

定期借地権とは

定期借地権とは更新のある普通借地権と異なり、契約期間の定めのある借家契約です。

定期借地権は、一般定期借地権、事業用定期借地権、建物譲渡特約付定期借地権に3分類でき、相続開始時に帰属する経済的利益と存続期間をもとに評価することになります。

自用地評価額×設定時の定期借地間割合×逓減率
となります。

なお、定期借地権割合とは当該宅地の通常の取引価額における、借地権者に帰属する経済的利益の相続の割合のことです。

 

借地権については、聞きなれない専門用語も多く、理解するのは非常に大変だと思います。相続に関してご不明な点等ございましたらまずは富山相続よろず相談室にお問合せ下さい。富山相続よろず相談室ではパートナー税理士と連携して、相続税に関するご相談も承っておりますので、富山にお住まいの方はお気軽にご活用ください。

相続財産の評価・調査について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします