土地の中にがけ地のある宅地

がけ地とは

相続財産中の宅地内にがけ地があった場合の評価について確認してみましょう。

がけ地とは、通常の用途では使用が不可能な斜面のことを指し、その傾斜度は30度以上の傾斜地とされています。

このように、がけ地の存在により通常の用途での使用が不可能な部分を有する宅地の価格は、その宅地内のがけ地の部分が、がけ地でないと想定した場合の価額に、がけ地補正率を乗じて計算します。

また、がけ地補正率は、がけ地となっている部分の地積及び、がけ地の斜面の方位によって決められています。

 

宅地造成費

相続した土地が、現在は宅地ではなく、市街地農地・市街地周辺のうち・市街地山林・市街地原野等に該当する場合、その土地を宅地とする想定をして、発生する費用を算定することがあります。このように、現在は宅地でなくとも、それを宅地化すると想定した時に発生する費用を算定したものを宅地造成費と言います。

宅地批准方法により宅地とみなして計算をし、その後宅地造成費を控除し評価額を決定することになります。
都道府県ごとに毎年定められる宅地造成費は、国税庁のHPで確認することが出来ます。

 

宅地造成費とがけ地補正

宅地造成費の評価項目に傾斜地の項目があります。しかし、がけ地補正率は、宅地の一部について通常の宅地としての使用が不可能な傾斜地がある場合に減価をするものですが、宅地部分の日照・採光・眺望といった要素の効用も加味されます。

一方、宅地造成費は、そもそも宅地以外の土地を評価する際に、控除すべき費用を意味するので日照・採光・通風等の効用は考慮されるものではないのです。

 

 

土地の評価に関する事項は非常に専門的な領域です。富山相続よろず相談室では、お近くの法律専門家を訪ねてみて、少しでも不安を解消されることを推奨しています。富山相続よろず相談室でも相続に関する無料相談を実施しています。是非、お気軽に富山相続よろず相談室へお問合せ下さい。

相続財産の評価・調査について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします