相続手続きの流れ

相続手続きの全体的な流れについて確認しましょう。

下記の表が一般的な相続手続きの流れになります。必ずしも下記のとおりに行う必要はありませんので、それぞれのご家庭の状況にあわせて進めていきましょう。

手続きの中には期限のある手続きも含まれていますので、一連の流れは予め確認しておく事をお勧めいたします。

 

まずは、死後の事務手続きについて下記にてご確認下さい。

 

 

相続手続きの流れを項目ごと確認

相続手続きでは、まず相続人を確定するために戸籍収集を行い相続人の調査をします。相続人が確定したら相続関係説明図を作成します。

相続人は、被相続人の戸籍を読むことで確認できます。被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍を取り寄せ、相続人となる人物を確定していきます。その後、その内容をもとに相続関係説明図を作成します。調査の為に取寄せた戸籍謄本と作成した相続関係説明図は、その後の財産の名義変更手続きの際に必要となりますので大切に保管しておきましょう。

 

次に行うのは財産の調査です。相続財産に含まれるもの全てを調査し、その内容を一覧にまとめた財産目録も作成します。相続財産には自宅などの不動産や預貯金がメインとなりますが、その他に株式や有価証券も相続財産に含まれます。また、借入やローンなどの負債も相続財産に含みますので漏れの内容に調査をしましょう。

 

財産調査により相続財産の全容が把握できたら、財産についてを相続するのか、放棄するのか、財産の一部のみを相続するのかという決定をします。相続放棄限定承認をする場合には期限が決められており、被相続人に死亡日から3ヶ月以内に手続きをする必要があります。手続きは家庭裁判所へと申述をする事になりますので、期限には充分注意をしておき、余裕を持って手続きが出来るようにしておきましょう。

 

遺産分割協議は、相続人全員で行わなければなりません。上記で作成した相続関係説明図と財産目録から遺産分割協議を行い、財産の分割内容を決定していきます。協議により決定した内容を遺産分割協議書にまとめます。

 

 

遺産分割協議により分割内容が決定したら、遺産分割協議書のとおりに財産の名義変更手続きをしていきます。

 

一般的な相続手続きの流れは、上記で説明したとおりになります。相続人の調査から名義変更の手続きまでは約3ヶ月はかかります。相続人が多くいる場合や、相続財産を多く所有している場合などはもっと複雑な手続きとなりますので、時間も手間もさらにかかります。

説明したとおりに手続きを進めてみたが、なかなか進まない、時間がかかって困っている場合には早めにご相談下さい。

 

相続財産の総額が相続税の基礎控除額を超える場合には、相続税の申告が必要となります。基礎控除額か下記のとおりです。

相続税申告における基礎控除額   

基礎控除:3000万円 + 相続人の人数 × 600万円
※平成27年1月からの税制改正による額になります。

 

相続税申告に必要な財産の評価や相続税申告については、一般の方が進めるには大変難易度の高い手続きになります。間違った内容での申告は、その後の税務調査や追徴課税等となる場合もございますので、相続税の申告のについては税理士へとご相談下さい。

相続手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします