単純承認について

単純承認(単純相続)とは、被相続人の財産を無条件・無制限にすべてを相続するという相続方法です。
単純承認では借金などの債務も無制限に相続することになりますので、被相続人に借金がある可能性がある場合は注意が必要です。また、借金などないと思っていても、思わぬ債務が見つかる可能性がありますので、しっかりと財産調査を行って相続財産の全てを明らかにしておくことはとても重要です。

単純承認をするためには手続きはありません。
相続が発生した日から3ヵ月以内に相続放棄や限定承認などの申述を行わなかった場合、自動的に単純承認したことになります
しかしたとえ3ヵ月以内であっても、下記の場合には単純相続したとみなされる場合があります。

  • 相続人が相続財産の全部または一部を処分してしまった場合
  • 相続放棄や限定承認の申述をした後、相続人が財産を隠匿、または消費していた場合

例えば被相続人宛に借金の督促状が来ていて、その金額が1万円や2万円だったからと何も考えず払ってしまった場合。被相続人の債務は相続財産ですので「相続財産の一部を処分した」とみなされてしまいます。そうなると、他に大きな借金が見つかった場合に相続放棄できなくなってしまいますので、注意が必要です。 債務などのマイナスの財産は相続財産に含まれないと勘違いされているかたも多くいらっしゃいます。

被相続人の相続財産に、明確にマイナスの財産が多い場合は相続放棄や限定承認を検討することになります。

相続方法の判断にお困りの方は、富山相続よろず相談室にご相談ください。

相続放棄について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします