相続放棄とは

相続放棄は、法律で定められた相続方法のひとつで、被相続人の財産の全てを相続しないという手続きになります。
相続財産の中に借金などのマイナスの財産が多い場合に有効な相続方法です。

相続放棄の対象になる財産は下記の通りです。

  • マイナスの財産(不動産、預貯金、車、株式など)
  • プラスの財産(借金、住宅ローン、損害賠償請求権、損害賠償責任など)

基本的にすべての相続財産が対象です。
相続放棄をすると借金等の返済義務がなくなりますが、被相続人のプラスの財産も相続できなくなります。相続財産の中にどうしても手元に残したいものがある場合は限定承認を検討することも考えられます。

家庭裁判所に申述を行う相続放棄

相続放棄をする場合、相続が発生した日から3ヵ月以内に家庭裁判所に申述をする必要があります。 相続放棄の申述が受理されると、被相続人の借金の債権者に対しても効力を持つため、被相続人の借金を払う義務がなくなります
通常、相続放棄というとこの手続きのことです。

 

遺産分割協議による事実上の相続放棄

上記の相続放棄の他に、遺産分割協議書による、事実上の相続放棄というものがあります。

単純承認をした後、遺産分割協議の際に他の相続人に「自分は被相続人のすべての財産の相続を放棄する」という旨を伝え、その内容を遺産分割協議書に記載し、署名、押印することによって事実上の相続放棄をしたことになります。

しかし、遺産分割協議による事実上の相続放棄は、家庭裁判所で行う相続放棄ほどの効力は持ちません。被相続人の債権者に対して効力を持つもではないため、債権者から借金返済の請求がきたら応じなければなりません

 

相続放棄の申述期限について

相続放棄の申述期限は、相続が発生したことを知った日から3ヵ月と決まっています。 この期限内に家庭裁判所に不備のない書類を提出し、受理してもらわなくてはなりません。

期限ぎりぎりに家庭裁判所に駆け込んで、内容に不備があり期限内に申請書類が揃わなかった場合、相続放棄ができなくなってしまう可能性があります。

法律行為には大抵、期限があります。
財産調査が難航しているなど、どうしても3ヵ月以内に相続放棄の申述が難しい場合、きちんと手続きを行えば期限の伸長が可能です。 お困りの方は一度当相談室にご相談ください。
 

相続放棄について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします