借金の相続について

相続財産の中に借金がある場合、相続放棄をする前に過払い金や債務整理について考慮する必要があります

債務整理と過払い金

過払い金とは、簡単に言うと払い過ぎたお金のことです。
金融会社やクレジット会社から借り入れをする際、契約の中で返済利息が設定されています。この利息が利息制限法で定められている利率より高い場合、本来払う必要以上の利息を払い続けている可能性があります。
利息制限法より高い利率の利息分は払う必要が無いのです。これを過払い金と言います。

利息制限法の上限利率は、下記の通りです。

金額 利率
元本額10万円未満 年20%
元本額10万円以上100万円未満 年18%
元本額100万円以上 年15%

 

相続財産の借金の過払い金

被相続人が利息制限法より高い利率で借金の利息を払い続けていた場合、過払い金が発生している可能性があります。
支払いの期間が長ければ長いほど、過払い金が発生している可能性が高まります
これを考慮せず、借金があるからと何も調べず相続放棄してしまったり、借金を高利息のまま返済してしまう相続人も多く見受けられます。
過払い金によって、借金が返済できるどころかお金がプラスになって戻ってくるというケースもありますので、相続財産に借金がある場合はきちんと調査をする必要があります。

しかし、過払い金の調査は自分で行うには困難なため、遺産の中に借金がある場合は、司法書士などの専門家に調査依頼することをお勧めいたします。

 

相続放棄について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします