相続放棄が受理されない

相続放棄をするには、家庭裁判所に相続放棄の申述を行いますが、必ずしもそれが受理されるとは限りません。
では、家庭裁判所で受理されないケースというのは、どんな場合なのでしょうか。

 

被相続人の財産を少しでも相続してしまった

例えば、下記のようなケースが考えられます。

  • 被相続人の財産であった不動産の名義を相続人に変更した
  • 被相続人の預貯金を使った
  • 被相続人宛てにきた請求書の費用を支払った

相続放棄の手続きの前にこれらの行為を行った場合、その金額の大小にかかわらず単純相続をしたとみなされます。これらの行為の後に相続放棄の申述を行っても、受理されません。
そうなると、借金があっても相続放棄ができず、債務を相続しなければならなくなってしまうのです。

特に気をつけたいのが、被相続人宛の請求書です。被相続人の債務はマイナスの相続財産ですから、金額が少ないからと何も考えず払ってしまうと、債務を相続したことになってしまうのです。
債権者の中にはこのことを利用して、相続人に「一万円だけでも良いので払ってくれないか」と内容証明を送ってくるケースがあります。しかしそこで「それくらいなら…」と払ってしまうと、相続放棄ができなくなってしまい結局残りの借金の債務を負わされることになってしまうのです。

被相続人の財産は、きちんと手続きを終えるまでそのままにしておきましょう。

 

相続放棄の申請書類に不備があった

相続放棄には期限があります。相続の発生を知った日から3ヵ月以内に家庭裁判所に申述をしなければなりません。

相続放棄の申述には数々の書類を用意する必要があります。期限ぎりぎりに申請をしたけれど書類に不備があって結局期限内に受理してもらえなかったというケースも少なくありません。
このような理由で本当なら負わなくてよいはずの債務を抱えることになるなど、恐ろしいことです。相続放棄を検討するならば、なるべく迅速に行動を始めましょう。

また、専門家に依頼することによって書類の不備等をなくすことができますので、不安な方は専門家に相談することをお勧めいたします。

 

相続放棄について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします