相続放棄

相続が発生したら必ず全ての財産を相続しなければならないのか?

相続人は、相続をするのか、しないのかを決定する事ができます。相続をしないという場合を相続放棄といい、相続放棄をするには期限内に必要な手続きをする必要があります。

相続の方法には、単純承認・相続放棄・限定承認という、3つの方法があり、相続が発生した際にはこの3つのどれか一つの方法を選んで相続手続きを進めていくことになります。

それぞれの相続方法を簡単にいうと単純承認:プラスの財産もマイナスの財産も含めて全て相続する方法、限定承認:プラスの財産の範囲の中でマイナスの財産を相続する方法、そして相続放棄は一切の相続をしない方法のことをいいます。

ここでは、3つの相続方法のうちのひとつ、相続放棄について取り上げていきましょう。

相続放棄をする手続きは、相続が発生した日(通常は被相続人の死亡日)から3ヶ月以内に家庭裁判所へと相続放棄の申述をする必要があります。
相続放棄の申述をせずに3ヶ月経過した場合は、相続財産を全て相続すると認めたとみなされてしまいますので、相続放棄を考えている方は期限に注意が必要です。

また、相続財産に負債が含まれていた場合には、その負債についても相続をする事にありますので注意しなければなりません。ですから、この3ヶ月の期限までに財産の調査を行い、被相続人の負債の有無を確認しておく必要があります。あらかじめ負債がある事がわかっている場合でも、相続放棄を視野にいれた相続方法の決定を早い時期に確定し、家庭裁判所へと申述を行いましょう。

この相続放棄の手続きは専門的な知識と判断が必要となりますので、専門家へと相談をする事をお勧めいたします。富山相続よろず相談室でも、相続放棄について対応をいたしておりますので、現在相続放棄をご検討されているという方は、お早目に無料相談へとお越し下さい。

  •  相続財産の一部のみ相続をする場合の限定承認についてはこちらをご覧下さい。

相続放棄について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします