親族間で意見がまとまらず遺産分割が進まない場合

昔から現在に至るまで、相続のトラブルというものはなくなることがありません。
そんな有様を「争族」などと揶揄するような表現すらあります。
円満だった親子や兄弟でも、相続争いによって不仲になってしまう残念なケースは少なくありません。

ここでは、具体的な親族間の相続トラブルと、解決に向けて何ができるかについてご説明いたします。

 

預貯金の金額などの相続財産に関する情報が隠されている

被相続人と一緒に生活しており、被相続人の預貯金などの管理をしていた兄弟がいて、その人が財産の全容を他の相続人に教えない。そんな事例が多く見受けられます。

この場合、財産を隠している相続人は被相続人の預貯金を使い込んでしまっていたり、被相続人の預貯金は自分のものであると錯覚しているようなことが多いようです。

 

全ての遺産が分からず、憶測で遺産分割を進めている

これも非常に多い事例です。「だいたい預貯金がこれくらい」「不動産の価値がたぶんこれくらい」など、憶測の財産をめぐる話し合いなど、まとまるはずがありません。
きちんと財産調査を行わないままの遺産分割協議は、時間の浪費です。

 

こういった事態を防ぐためには、まずはきちんと財産調査を行い、被相続人の相続財産の全容を把握することが肝心です。
財産調査は、相続人であれば誰でも行うことができます

相続人の1人が財産を隠していたとしても、専門家がきちんと調査をすればある程度は明らかにすることが可能です。 被相続人と取り引きのあった金融機関が多かったり、債務がある可能性があったり、ご自身の調査では難しいと感じたら、専門家に依頼することをお勧めいたします。

 

財産調査に関するご不安がありましたら、富山相続よろず相談室にご相談ください。法律の専門家がサポートをさせて頂きます。行政書士業務の範囲を超える部分に関しては提携の弁護士や司法書士と協力をしながら親身に対応させていただきます。

 

相続トラブルについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします