遺産分割に応じない相続人がいる場合

遺産分割は原則、相続人全員での話し合い(遺産分割協議)によって決めるものです。
しかし、その遺産分割に応じない相続人がいると、遺産分割が進みません。

遺産分割に応じない相続人は、たいていの場合一人よがりな思い込みをしていたり、他の相続人に対し後ろめたいことがあるものです。
例えば以下のようなケースが考えられます。

  • 被相続人の財産管理をしていた相続人が、遺産分割の主導権は自分にあると思い込んでいる
  • 被相続人の家に同居していた相続人が、住居が奪われると思って協議に応じない
  • 被相続人の預金をすでに使い込んでしまっていて、そのことを言及されたくないために協議に応じない

このように、協議に応じない理由は様々ですが、遺産分割協議が進まないまま放置していると、他の相続人に不利益となる可能性もあります。

 

被相続人の遺産を使い込まれてしまった事例

生前の被相続人の財産管理をしていた相続人が、遺産分割協議に応じないまま、被相続人のキャッシュカードを使って財産を使い込んでしまっていた。

使い込まれた財産を取り戻すために法的手続きを行ったが、一年以上も時間がかかり、全部を回収することは出来なかったうえ、余計な費用もかかって非常なストレスとなった。

 

上記のように事態を未然に防ぐ為にも、我々のような第三者である専門家が間に入り、相続手続きを進めていくことも一つの方法です。
円滑な遺産分割をお望みでしたら、まずは富山相続よろず相談室へご相談ください。親身に対応させていただきます。

相続トラブルについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします