取り返しのつかない遺産分割(協議書に署名してしまった)

遺産分割の内容に納得していないうちは、絶対に署名や捺印をしてはいけません。

「被相続人が亡くなったショックで遺産のことなど考えられなくなっていて、他の相続人に言われるがまま署名、押印してしまった」
「忙しくて話し合いが煩わしく、少し不公平だとは思ったが署名、押印してしまった」 「他の相続人に脅されて渋々署名、押印した」

上記のように、本当に自分が納得していないにもかかわらず、遺産分割協議書に署名。押印してしまったという方もいらっしゃいます。
しかし、原則的に一度、署名・捺印してしまった遺産分割協議書を取消すことは出来ません

遺産分割協議書が完成したということは「この内容に相続人全員が同意した」ということに他なりません。遺産分割協議書はその後の相続財産の名義変更などで使われる、重要な書類なのです。

一度決まった遺産分割協議を、後から「やり直したい」と思ってもそれは非常に難しいことです。
しかし、下記のようなケースでは、遺産分割協議書を無効にし、協議をやり直すことができます。

遺産分割協議書を無効にできるケース

  • 遺産分割協議書に、相続人全員分の署名と捺印がなかった
  • 遺産分割協議の際に故意に隠されていた財産があった
  • 遺産分割協議のやり直しに全員が同意した
  • 遺産分割協議の後で新たに相続財産が見つかった 等

また、遺産分割協議書に署名・捺印するタイミングで脅迫があったり、詐欺紛いの行為があった場合には弁護士を通して訴訟をおこすことも可能です。

遺産分割協議をやり直すことができても、協議や書類の作成に時間も手間もかかります。 納得のいかない遺産分割協議書には署名や捺印を絶対にしないようにしましょう。

 

 

相続トラブルについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします