死後の手続き(死後事務委任契約)

ここでは「死後事務委任契約」についてご説明させて頂きます。

死後の手続きには、相続手続きとは別に、葬儀や供養、様々な契約の解約など、事務的な手続きが多くあります。
ご自身の死後、こういった事務手続きを依頼する人がいない場合や、誰かに依頼して迷惑をかけたくないといった方に死後事務委任契約が有効となります。

死後事務委任契約とは、生前にご自身の死後の事務手続きについての扱いを決め、契約をしておくことをいいます。契約をしておくことで、死後の手続きを専門家へ一任する事が可能となります。ご自身の死後について心配な方や、おひとり様などは死後事務委任契約の活用をお勧めしております。

 

死後事務委任契約で依頼できる事

死後事務委任契約では、死後の手続きを行政書士などの専門家へ任せる事が出来ます。死後の事務手続きの中でどの手続きを依頼したいのかは自由に決める事ができます。通常は葬儀費用や、役所への届け出、医療費の支払いについて契約をする事が多くなっております。

死後の手続は、慣れない手続きも多いため、一般の方ではとまどう事も多い手続きになりますが、専門家はこういった手続きに関してのプロになりますのでご安心して依頼する事が出来ます。契約しておくことで、ご自身の死後にご家族や親族、知人などに迷惑をかける心配がなくなります。

 

生前からご逝去されるまでのサポート

死後事務委任契約は、ご自身の死後の手続きについての契約になります。したがって、生前についての任意契約は内容は含まれません。そこで、死後事務委任契約と一緒に任意後見契約という制度を利用される事が多いです。

任意後見契約は、生前に精神疾患を患ったり、認知症を発症し判断能力が不十分であるとみなされた場合に、本人の後見人として財産を守る制度です。生前のご自身の財産を守る為の制度になりますので、ご自身が亡くなればその契約は解消となります。その為、死後の手続きについても第三者に依頼するために「任意後見契約+死後事務委任契約」の両方を結び、生前から死後について一貫して備えておく、という方が増えております。

死後事務委任契約や任意後見契約などの契約は法律行為となります。ご自身にしっかりとした判断能力が無くなってしまうと契約自体が結べなくなってしまう可能性がありますので、死後事務委任契約や任意後見契約の活用をご検討の方はご自身がお元気なうちに早めの準備をしておくことをお勧めします。

富山相続よろず相談室では、生前サポートから死後事務委任契約に関する事まで、無料相談を行っております。富山・高岡近郊にお住まいの方はぜひお気軽に当相談室までお越し頂き、ご不安な点についてご相談下さい。

成年後見について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

無料相談実施中!

アクセス

  • 事務所所在地

    地図
    〒939-1112
    富山県高岡市戸出春日182番地

※富山相続よろず相談室は、法令遵守で運営しております。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします