成年後見制度について

ここでは「成年後見制度」についてご説明させていただきます。

成年後見制度とは、「判断能力が不十分とみなされる方」についての財産を保護する為の制度になります。判断能力が不十分とは、主に「認知症・知的障害・精神障害」の場合を指しています。
判断能力が十分にあれば、自分で契約したものについてどのような結果になるかの判断をする事が出来ますが、認知症などで精神疾患をお持ちの方はこういった判断を正しくする事は難しい為、悪質な詐欺行為に狙われ被害を受ける事も起こり得ます。このような方達の財産を守る制度として、成年後見制度があります。

 

任意後見と法定後見

成年後見制度には、任意後見法定後見の2種があります。

  • 任意後見:ご自身が認知症等になったときに備え、事前に契約を結び後見人を決めておく
  • 法定後見:既に認知症等になってしまった方について、家庭裁判所が後見人を選任する

成年後見の契約は、ご自身が死亡した時点で契約終了となります。後見人制度はあくまでご自身がご存命の間のみ財産を守る事になります。成年後見の契約では死後についての手続きを代行する事は出来ません。

任意後見(任意後見契約)

任意後見はご自身が将来、認知症などにより判断能力が不十分となった場合に支援をする制度です。現在は問題なく日常生活を送れており、判断能力も十分ではあるが、もしもの場合に備えておきたいという方が、ご自身で後見人となる人を指定して契約を結ぶ事で利用できる制度です。
任意後見が開始されると、家庭裁判所の選任した任意後見監督人が、任意後見人が問題なく義務をは果たしているかのチェックをします。

任意後見契約は、契約書を公正証書で作成し、契約を結びます。

法定後見

法定後見制度は既に本人の判断能力が十分ではない状況になっている方を保護・支援する制度となります。

判断能力が十分ではない方は、契約を結ぶなどの法律行為ができません。したがって上記の任意後見のように自分で後見人等を選び契約をすることが出来ませんので、法定後見制度では後見人は家庭裁判所が選任をします。

法定後見制度では判断能力のレベルによって、後見・保佐・補助の3種類に分かれています。

  • 後見:ほとんど判断ができない場合(判断能力を欠く状況)
    成年後見人は、本人(被後見人)に代わり契約を結ぶ代理権や、本人(被後見人)が契約をしたものを無効にする取消権を持っています。
  • 保佐:著しく判断ができない場合(判断能力が特に不十分)
    法律で定められている範囲での行為のみ代理権取消権を持っています。本人(被保佐人)が同意すれば、法律によって認められている代理権と取消権について行使できる行為を増やすことが可能です。
  • 補助:判断ができない場合(判断能力が不十分)
    原則、補助人には代理権取消権については認められていません。しかし、本人(被補助人)の同意があり、審判をすれば補助人が代理権と取消権を有する行為を定めることが可能となります。

 

成年後見制度は、判断能力が十分でない方の財産を扱うという面を持つため、そのルールは非常に厳格であります。財産を守るためにはとても有効な制度ではありますが、厳格なルールがあるため柔軟性に欠けるという点もあります。

富山相続よろず相談室では、成年後見制度についてのご相談もお受けしております。富山相続よろず相談室ではパートナーの司法書士と連携しており、裁判所への申立などの司法書士の独占業務についてはパートナーの司法書士が担当しておりますので安心してご依頼ください。専門家として、ご相談者様の状況に合わせた最善のアドバイスをさせて頂きます。
認知症の発症や進行の度合いは人それぞれです。認知症になる前に、しくは重症化する前に、なるべく早い段階でご相談下さい。初回の無料相談より、親身にご対応させて頂きます。

成年後見について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

無料相談実施中!

アクセス

  • 事務所所在地

    地図
    〒939-1112
    富山県高岡市戸出春日182番地

※富山相続よろず相談室は、法令遵守で運営しております。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします