受託者について

ここでは民事信託における受託者について説明していきます。

受託者とは、委託者から託された財産を管理・運営・処分する人のことをいいます。未成年者など正しい判断ができない人や、被後見人や被保佐人など、正しい判断ができない方を除き、誰でもなる事が出来ますが、委託者の託した財産を管理・処分・承継することを託される立場となりますので、委託者と信頼関係がある方が適切と言えるでしょう。

また、受託者は、個人だけでなく、法人でもなることができます。いずれも信託財産をしっかり管理できる事を前提に、受託者を就任することが重要です。

 

受託者の責任について

受託者は信託された財産を管理する立場から、様々な責任を負う事になります。

  • 善管注意義務・・・委託者から託された財産を誠実に管理します
  • 分別管理義務・・・自身の財産と信託財産をしかり分けて管理します
  • 忠実義務・・・受益者の為に忠実に役割を果たします
  • 信託財産の状況を報告する義務 など

上記のように受託者になる場合には、様々な義務を負う事になりますが、受託者には報酬を請求する権利や財産を管理するにあたり、必要な経費を委託者に請求する権利も有しています。

 

信託の途中で、受託者が死亡してしまった場合

信託の途中で受託者が亡くなってしまった場合、原則、信託は終了します。それでは困るという場合には、二次受託者を決めておく事が可能です。

その他、受託者が被後見人になってしまった場合や、止む得ない事由があり受託者から辞任したいという申し出があり、委託者と受益者がこれを受理した場合などにも信託が終了してしまいます。

受託者が一方的に辞任したいと主張したとしても、辞任することはできません。しかし、受託者のやむ得ない状況にある事実を証明し裁判所の許可を得ることにより、辞任することができます。

上記のことから受託者を決める際や受託者を引き受ける際にはどういった事務を行うのかも含めしっかと理解した上で慎重に決めていく必要があることがわかります。

 

富山で家族信託(民事信託)の無料相談について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします