委託者について

ここでは民事信託における「委託者」について説明していきます。

委託者とは、自らの所有する財産を託す人のことを言います。委託者は原則、誰でも自由に委託者になることが可能です。

注意しなければならないのは、信託契約はあくまでも ”契約” となりますので、判断能力があるうちに契約行為を行わなければなりません。程度にもよりますが、認知症になると判断能力が不十分とみなされることが多いため、その場合は信託契約の行為自体をすることができません。民事信託を検討する場合は、認知症などを発症する前により早くおこなうとよいでしょう。

委託者になるのは個人でも法人でも可能で、複数名でなる事も可能です。

 

委託者が、亡くなってしまった場合

委託者が亡くなってしまった場合でも、信託を継続できるように設定することが可能です。信託契約の内容に、委託者が死亡した場合に信託が終了するという事由を定めていた場合には終了しますが、多くの場合、委託者が亡くなった後でも信託が終了しない内容にしているケースが多いのが実情です。そうすることによって委託者が亡くなった後も、安定した財産管理や遺産承継を行う事が可能となります。

では、委託者が死亡すると委託者としての権利はどうなるのでしょうか。

予め委託者の死亡についての扱いが信託契約の中に明記されていない場合には、「委託者の地位」は相続の対象となり、相続人が委託者の権利を相続することとなります。実際には「委託者の死亡により、委託者の権利は消滅する」と信託契約に定めてあるケースがよくみられます。

 

富山で家族信託(民事信託)の無料相談について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします