民事信託(家族信託)の活用事例

民事信託(家族信託)では、自由度の高い財産管理や遺産承継を実現することが可能です。
ここでは、よくある民事信託(家族信託)の活用事例をご案内させていただきます。

富山相続よろず相談室では専門家による無料相談をおこなっております。民事信託を活用したいという方や、「こんなことは家族信託(民事信託)で実現できるの?」といったご相談も可能ですので、富山・高岡近郊にお住まいの方はお気軽に富山相続よろず相談室にお問い合わせください!

 

民事信託(家族信託)活用事例紹介

認知症対策

財産の所有者が認知症になってしまうと、通常は何の対策もしていないと、自由度の高い財産管理や運用ができなくなります。財産の所有者が認知症を発症してしまう前に信託契約を結んでおくことで、財産の所有者が認知症になってしまった後でも適切な財産管理が可能となります。

 

遺産承継

民法で定められている相続における財産の分け方は下記が原則となっております。

  • 優先順位1 :遺言書による指定
  • 優先順位2 :遺産分割協議(相続人同士での話し合い)
  • 優先順位3 :法定相続分

民事信託を活用することで遺産承継に関する順位や割合を自由に定めることが可能となります。

 

不動産管理

現在所有している不動産が、所有者が体調不良等の何らかの理由により自分で管理していくことが難しくなってしまった場合に、不動産の管理方法について「どのような方針で管理をしてほしいか」を明確に指定しておくことが可能です。それにより所有者による管理ができなくても、受託者が適切に管理・処分することが可能となります。

 

生前対策

所有する財産をお子様やお孫様へ学費の援助や住宅資金・結婚資金等、指定したタイミングで贈与してあげたいという希望をお持ちの方もいらっしゃると思います。このような場合には信託契約によって、原資となるお金を信託し、援助するタイミング等の条件を定めておくことで、希望したタイミングに指定した人に贈与をすることが可能となります。
ご自身がお元気で判断能力が十分なうちに信託契約を結んでおけば、ご自身にもしもの事があった場合にも希望の援助を実現することができます。

 

事業承継

将来、ご自身に万が一のことがあった際に、所有している自社の株等が相続によって分割されてしまい、会社の経営が困難になってしまわないように信託を活用することができます。信託契約により自らも会社経営に関与しながら経営の一部を信頼のおける子供等に任せていくことで、事業承継についても対策をすることが可能となります。

 

富山相続よろず相談室では民事信託(家族信託)の専門家が、お客様の実現したい内容や財産のご状況をお伺いした上で最善のご提案をさせていただいております。
将来の財産管理や遺産承継対策についてご相談先をお探しでしたら富山相続よろず相談室の無料相談をご利用ください。

 

富山で家族信託(民事信託)の無料相談について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします