戸籍とは

戸籍の収集について

身近の人がご逝去され、実際に相続手続きを開始しなければならなくなった場合、まず最初に相続人が誰であるか確認をする、相続人調査に取りかかることになるでしょう。この時の確認資料にあたるのが戸籍であり、相続手続きには戸籍の収集をする必要があります。

戸籍の収集は、法定相続人の調査を行うための作業であるだけでなく、その後の相続税の申告、不動産の相続登記、銀行口座の名義の変更、相続放棄をする際などにも必要な書類ですので、非常に重要な手続きです。
とは言っても、場合によっては多くの戸籍を収集する必要もあるので、最初につまづきやすいポイントの一つと言えます。

 

戸籍の種類

相続人調査の方法として、被相続人の出生から死亡までの一連の戸籍謄本を収集します。

そもそも戸籍とは、親族的身分が記載された台帳のことで、全部の事項について記載のある戸籍の写しのことを戸籍謄本と言います。一方、一人のみの記載のある写しを戸籍抄本と言います。
戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」、戸籍抄本を「戸籍個人事項証明書」という正式名称がついています。

相続において戸籍を確認する場合は、戸籍謄本である「戸籍全部事項証明書」を取り寄せることになります。

 

戸籍の中でも種類が異なるものが存在します。具体的には、現在使用されている最新の戸籍である現在戸籍、戸籍に記載のあった者が婚姻や死亡などの事由により在籍者のいなくなった戸籍である除籍、法律や命令によって戸籍の様式が改められ、戸籍が改正された従前の様式の戸籍のことを指す、改正原戸籍があります。

  • 現在戸籍    現在使用されている戸籍
  • 除籍      最終的に在籍者のいなくなった戸籍
  • 改正原戸籍   改正前の従前の様式で記載された戸籍

 

相続の手続きでは被相続人の現在戸籍、除籍、改正原戸籍の全てが必要になります。

 

富山相続よろず相談室では、戸籍収集はもちろんのこと、相続に関するサポート体制を整えています。富山にお住まいで相続に関するお悩みごとございましたら、是非一度富山相続よろず相談室にお問合せ下さい。

相続の基礎知識について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします