期限のある手続き

相続が発生した際には、相続手続きを開始することになります。
身内の方がご逝去され、心労がある中での相続手続きは非常に大変なことです。しかしながら、期限のある相続手続きもあるので、きちんと手続きを進めていく必要があります。

実際に相続が発生した時に備え、最初に行うべき手続きや期限のある手続きについて、整理していきましょう。

 

死亡届の提出(最初の手続き)

死亡届とは、死亡した方の戸籍を抹消するための届出書のことで、死亡届が受理されることにより死亡が確認され、相続などの手続きを開始できることになります。

死亡届の提出期限は、死亡の事実を知った日から7日以内と定められています。期限内に届出を行わないと5万円の以下の過料に処されることもあるので注意しましょう。

死亡届は、死亡地、死亡者の本籍地、届出人の住所地のいずれかの市町村長の戸籍課、戸籍係に提出します。この時、死亡届に加えて、診断書または検案書を添付します。

 

相続放棄・限定承認の申述(3か月以内)

相続人は被相続人の残した相続財産を相続することができる権利を有する一方で、すべての財産の相続を放棄する「相続放棄」や、財産の一部のみ相続をする「限定承認」という選択肢もあります。

相続放棄や限定承認を選択する場合は、相続が発生したことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。

この期限内に申述をしなければ、相続人は一切の財産を相続する「単純承認」したことになります。ですから、相続放棄や限定承認を検討している場合には、期限内に不備の無いよう必要書類を揃えるように注意しましょう。

 

準確定申告(4か月以内)

1年の途中で亡くなった被相続人の所得と納税を相続人が行うことを準確定申告と言います。被相続人に確定申告が必要であった場合、相続開始を知ったときから4か月以内に相続人の全員が共同で申告します。亡くなった年の1月1日~死亡日までの計算期間で申告をします。

 

相続税の申告 (10か月以内)

相続税の申告が必要な相続だった場合、相続の開始を知った日の翌日から10か月以内に税務署へ申告および納税を行う必要があります。この期限を過ぎてしまうと、控除が受けられなくなり、加算税や延滞税等が発生してしまいます。相続税の発生する相続の場合は手続きも複雑になるので、特に期限を意識する必要があります。

 

 

 

相続は専門的な知識を有する上、期限のある手続きも多い為、難易度の高い手続きになります。富山よろず相談室では、早い段階から専門家に相談されることを推奨しています。
是非一度、富山よろづ相談室の無料相談をご活用頂き、相続に関する不安を解消するために役立てて頂けますと幸いです。
まずはお気軽に富山よろず相談室にお問合せ下さい。

相続の基礎知識について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします