改製原戸籍について

改正原戸籍とは

相続の手続きを開始すると、まず相続人の調査のため戸籍の収集をすることになります。
被相続人の戸籍は、出生から死亡までの一連の戸籍を収集することになりますが、その中で改正原戸籍という種類の戸籍を取得することなるでしょう。

現在使用されている最新の戸籍をご自身で取得する機会はあっても、古い戸籍を遡って取得する機会はなかなか無く、改正原戸籍はあまり馴染みのないものだと思います。

混乱することなくスムーズに戸籍の収集が行えるように、改正原戸籍について今一度、確認してみましょう。

 

改正原戸籍(正式には「かいせいげんこせき」、「かいせいはらこせき」と読むこともあります)とは、戸籍法改正前の従前の様式で記載された戸籍のことです。
これまで、戸籍法は何度も改正がされており、その度に様式が変更され戸籍が改められてきました。

実際に戸籍の歴史を見てみましょう。

 

戸籍の歴史

明治31年式戸籍

当時の家制度を反映させた戸籍と言えます。戸主に強い権限を持たせ、親族の集まりを一つの家に属させた家制度の特徴から、戸主とその傍系にあたる者まで、一つの戸籍に記載されています。
従前の戸籍との大きな違いは、「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」という欄が設けられている点です。いつどのような原因で、家督相続が行われ、戸主になったのか記載されるようになりました。

 

大正4年式戸籍

大正4年の改正では、戸主以外の家族の記載が詳細になり、生年月日、両親の名前に加え、戸主との関係性が記載されるようになりました。
明治31年に導入された、「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」欄が無くなり、戸主の事項欄に記載するとい方式が採用されました。

 

昭和23年式戸籍

昭和23年の改正では、今まで続いてきた家制度が廃止されました。「家」という単位で作成されていた戸籍に対して、「家族」単位に変更になったことに加え、「戸主」が廃止され「筆頭者」となりました。

 

平成6年式戸籍

これまでの紙媒体での管理から、コンピュータで管理する体制となり、横書きA4サイズの書式となりました。

この時から、戸籍謄本は「全部事項証明書」戸籍抄本は「個人事項証明書」という正式名称がつきました。

 

このように戸籍も法律によって変化をしてきました。古い戸籍になればなるほど、それを読むことが難しくなります。戸籍の収集でお困りでしたら、お気軽に富山相続よろず相談室にお問合せ下さい。また、富山相続よろず相談室では相続に関する無料相談を実施していますので富山・高岡周辺にお住まいの方は是非ご活用ください。

相続の基礎知識について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします