除籍謄本

相続手続きで必要な戸籍の一つに除籍謄本も含まれます。相続手続きにおいては戸籍謄本だけでなく除籍謄本についても念頭に置いておきましょう。

 

除籍謄本とはどのようなものか?

まずは、除籍についてですが、戸籍が出る事を除籍といいます。
戸籍を出る(除籍)理由は婚姻や転籍や死亡などになります。

また、もといた戸籍から除籍した場合には、除籍した者の名前に×印が記載されます。

この除籍が記載されている戸籍を除籍謄本といいます。相続手続きに必要な戸籍には、この除籍謄本も必要となるということを基礎知識として確認しておくと良いでしょう。

除籍謄本は法律によって定められている保存期間があり、これが過ぎている除籍の請求になる場合には、破棄証明が発行されます。破棄証明とは「当該、除籍謄本は破棄しました」という証明書になります。保存期間は、平成22年の戸籍法改正により150年になっております。

 

戸籍の閉鎖について

除籍によって、戸籍に誰もいなくなった戸籍は、閉鎖され過去の戸籍となり、内容の変化が起こることはありません。

 

相続の基礎知識について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします