法定相続人とは

人が亡くなると相続が発生しますが、亡くなった人の財産を相続すべき人は民法で定められています。この民法で定められた相続人を”法定相続人”といいます。

ここでは法定相続人についてご説明していきます。

法定相続人は、民法によって第1順位から第3順位までが定められています。遺言書が無い場合には、この順位に従って相続する権利を有することになります。

また、被相続人の配偶者は常に相続人となります。
その他の順位については下記にて確認していきましょう。

 

法定相続人:第1順位

被相続人(亡くなった人)の子(直系卑属)

「子」が既に亡くなっている場合には子の子である孫(代襲相続)が法定相続人になります。代襲相続は、子が健在な場合には、行うことはできません。
なお、嫡出子だけに限らず、非嫡出子、養子、胎児なども含まれます。

配偶者との相続配分

それぞれ2分の1の配分になります。子供が複数いる場合は2分の1を子の人数で等分します。

 

法定相続人:第2順位

被相続人親や祖父母(直系尊属)

第2順位の相続人には、被相続人に”第1順位の相続人がいない場合”に相続の権利が発生することになります。

配偶者との相続配分

配偶者が3分の2で、被相続人の親は3分の1を二人で等分します。

また、被相続人の親が相続開始時に既に亡くなっている場合に祖父母が健在であれば、祖父母へ相続の権利が発生することになります。

 

法定相続人:第3順位

被相続人兄弟姉妹

上記で説明をした”第1順位、第2順位に該当する相続人がいない場合”に、第3順位となる兄弟姉妹に相続の権利が発生することになります。

配偶者との相続配分

配偶者が4分の3で、4分の1を兄弟の人数で等分します。

被相続人の兄弟姉妹は既に亡くなっており、兄弟姉妹の子が存命の場合には、兄弟姉妹の子供たちが一代に限り代襲相続する権利が発生することになります。

 

相続の基礎知識について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします