遠方の戸籍の取得について

相続手続きで必要な戸籍謄本は、被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍となります。

戸籍謄本の取り寄せ先は、被相続人の本籍地の役所でのみとなっています。そのため、被相続人の本籍地が遠方にある場合には、直接窓口へ出向いて取り寄せなければならず、交通費や時間もかかってしまい、大変です。
このような遠方の戸籍の取得については、戸籍謄本を郵送で請求することが可能となっています

 

戸籍を郵送で請求する

郵送請求の必要書類や手数料については、役所によって異なる場合がありますので、電話で問い合わせして確認するか、インターネットを利用して調べることが可能です。

被相続人が過去に転籍を複数回していた場合には、その都度の本籍地の役所に戸籍を請求する必要がありますので、そのたびに窓口へ出向くのは困難ですので、郵送請求を利用するのが良いでしょう。

もし被相続人の転籍が多く、自分たちで全て取り寄せるのは手間がかかってしまって大変!という場合には、ぜひ富山相続よろず相談室にご相談ください。当相談室は相続手続きにおいて専門に取り扱っておりますので、戸籍の取り寄せをサポートさせていただく事も可能です。

相続の基礎知識について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします