遺言書を見つけたら? 自筆証書遺言書の検認

ご家族などが亡くなり、自宅等で遺言書を見つけたらまずしなくてはならないのが遺言書の検認と呼ばれる手続きです。

ここでは自筆証書遺言書の検認についてご説明していきます。

故人の意図や希望を残した遺言書は、故人の最後の手紙のように感じる方もいらっしゃいますので、発見したらすぐにでも開けて見たくなってしまう気持ちはとてもわかります。しかし、法律では「自筆証書遺言を勝手に開封することは禁止」とされており、何も手続きを経ないまま、遺言書を開封してしまうと過料をとられるケースもありますので注意が必要です。※ 検認をする前に開封した遺言書が「無効」となることは原則ありません。

なお、自筆証書遺言は開封する前に検認が必要ですが、公正証書遺言は検認の手続きをする必要はありません。

 

自筆証書遺言は、なぜ検認の手続きが必要?

前述のとおり、公正証書遺言については検認の手続きが不要とされていますが、自筆証書遺言で相続手続きを進めていく場合には検認の手続きが必要不可欠なものになります。

遺言書の種類で「公正証書遺言」というものがありますが、公正証書遺言を作成するには、証人2名の立会いのもと公証役場で作成する必要があります。公正証書遺言は公証人により法律に従って作成されているか作成時にチェックを受けており、厳格に作成されています。また、作成された原本は公証役場で保管をされているため、偽造や改ざんなどがされていないとされるため、公正証書遺言は検認の手続が不要とされています。

一方、自筆証書遺言は自宅などに保管がされているため偽造や改ざんがされている可能性があると考えられます。そこで、遺言書の内容について偽造・改ざんを防ぐために「未開封の状態」で一度検認の手続きを行う必要があるのです。

 

遺言書の検認手続きのながれ

自筆証書遺言をみつけたら、開封する前に家庭裁判所へ提出しましょう。
検認の申立先の家庭裁判所は、” 遺言者(故人)の最終住所地を管轄する家庭裁判所”と定められています。そのため、お亡くなりになった方の最後の住所地が高岡であれば、富山地方・家庭裁判所高岡支部で申し立てを行います。

家庭裁判所に申し立てが受け付けられると「この日に検認手続きをします」という通知が届きますので、検認に立ち会いを希望する場合には、指定された日に家庭裁判所へ出向くことになります。立ち会いを希望しなければ、指定日に家庭裁判所へ出向く必要はありません。

検認当日は遺言書の形、保存状態、内容、日付、署名等が確認されます。あくまで、「どのような状態であったか」を記録する手続きですので、「遺言書が偽造・改ざんされたものでないか」を確認するものになり、内容自体については一切関与しません。検認の手続きが終了した遺言書は申し立て人に返却されます。

※平成30 年7月6日に、「法務局における遺言書の保管等に関する法律(平成30年法律第73号)」が成立しました。同年7月13日に公布。平成32年7月10日から施行されますが、法律の施行後は、法務局にて保管の申請をすることで、従来の「検認手続き」を不要とすることができます。

遺言書を見つけたけがどうすればいいかわからない、相続手続きをどのように進めたらよいかわからないなど、お困りの方は富山相続よろず相談室にご相談ください。

富山相続よろず相談室では協力先の司法書士と連携をしてお手伝いをさせて頂いておりますので、司法書士の独占業務については協力先の司法書士が担当しております。安心してご依頼ください。

家庭裁判所での相続に関連する手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします