認知症の方が相続人にいる場合の遺産分割

ここでは相続人の中に認知症の方がいる場合の遺産分割について説明していきます。

認知症の方が相続人の中にいると状況によりその方が遺産分割協議に参加できず協議が進められない場合があります。遺産分割協議を行えない状況として、認知症・知的障害・精神障害によりその相続人の判断能力が十分でないと判断された場合です。判断能力が十分でないとされた相続人は、遺産分割協議には参加できません。

しかし、遺産分割協議には相続人全員が揃い、全員の合意により協議書を作成することになります。では相続人の中に認知症の方がいる場合はどのようにして遺産分割を進めたらいいのでしょうか。

認知症の方でも、条件を満たせば遺産分割協議を行う事は可能ですので、下記で確認をしてきましょう。

相続人の中に認知症の方がいる

遺産分割協議は相続人全員の同意を必要としますが、認知症などにより判断能力が十分でない相続人がいた場合にはそのままでは分割協議を進める事は出来ません。

このような場合には、意思能力のない相続人に代わりとなる代理人をたてて遺産分割協議を行い、相続手続きを進めていきます
この代理人の事を後見人と言います。後見人は、「家庭裁判所へ成年後見人(保佐人,補助人)※の選任申し立て」を行います。後見人の選任後は、後見人を含めた相続人全員で遺産分割協議を行います。

後見人の選任申立てについて、認知症の方の鑑定等が必要とされる場合もあります。また、家庭裁判所での選任までには通常1、2ヶ月程度かかります。その間遺産分割協議が進められない事になりますので注意が必要です。

※後見人には種類があり、認知症の方の状態によって変わります。(成年後見人・保佐人・補助人)

 

現在、認知症の方を含めた相続人間での遺産分割のご不安をお持ちの方は、お気軽に富山相続よろず相談室へご相談下さい。相続手続きの専門家として、認知症の相続人がいる場合の遺産分割協議について親身に対応をさせて頂きます。

※行政書士の職域を超える業務に関しましてはパートナー先の専門家と連携を取り対応させて頂きます。

遺産分割協議について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします