未成年者の相続人がいる場合の遺産分割

ここでは相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割についてご説明していきます。

未成年者の相続人がいる場合、民法により未成年者本人では遺産分割協議が出来ないとされています。通常の法律行為であれば、法定代理人(親権者か未成年後見人)の同意により行う事は可能ですが、相続手続きにおいては利益相反になってしまうため特別代理人が遺産分割協議をするということになっています。

 

相続人に未成年者がいる場合

相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議の方法としては、下記のように2つの方法があります。

  • 未成年者が成人した後に遺産分割協議をする
  • 未成年者の特別代理人を選任し、遺産分割協議をする

前述の通り、通常であれば未成年者が法律行為を行う際には法定代理人は基本的に両親となりますが、遺産分割協議については、親と未成年者の子が相続人となった時に、未成年者である子供の権利を守るという事から両親が未成年者の代理人として遺産分割協議を行う事は出来ないとされています。もし、未成年者の親が代理人となり遺産分割協議を行ってしまうと、未成年者の子供の意思に関係なく親が相続財産を自由にする事が可能になります。

子供と親は互いに相続人であり財産を争う関係制ですので、子供が相続するはずの財産も、親(代理人)により減らされてしまう可能性があり、そうなってしまうと未成年者である子供の権利が損なわれるという事態になってしまいます。これを利益相反といいます。

簡単に言うと例えば妻と子(未成年者)が相続人になる場合に、妻が子の代理人になってしまうと、妻が全ての財産を受けるようにすることも可能になってしまうという事です。

このような事態を避ける為に、未成年者が相続人となる遺産分割においては、家庭裁判所へ未成年者の特別代理人選任の申立てを行い、選任された特別代理人が遺産分割協議に参加をして協議を進めることが可能となります

また、未成年者の子どものみが相続人となる場合については、その未成年者それぞれ1人ずつに特別代人の選任が必要となります。こちらも同じく、家庭裁判所へと特別代理人選任の申立を行うことになります。

遺産分割協議について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします