遺産分割協議書の作成

ここでは遺産分割協議書の作成について確認をしていきます。

遺産分割協議書とは、「誰が」「どの遺産を」「どのくらい相続するのか」という事を明確に記載した書面になります。相続財産の相続手続きを行う際に提出が求められます

遺産分割については法律により協議分割が前提とされています。したがって遺産分割協議書は相続人全員の合意がなければ無効となります。相続が発生したら必ず相続人を漏れなく調べ、全員の合意を得てから作成をする必要があります。

相続人に遠方にお住まいの方や、連絡先のわからない疎遠となった方、会ったことのない相続人などがいる場合、遺産分割協議書に署名・押印を依頼する事に時間がかかる事になります。もし、このように連絡の取りずらい状況である方については富山相続よろず相談室へご相談ください。相続の専門家として、戸籍の収集からサポートをいたします。

 

相続財産の受取がある場合には、正式な遺産分割協議書が必要となります

相続は大きな金額が動きます。手続きも法的な要素を含んでまいりますし、金融機関の解約や不動産の名義変更手続きにおいて必須となる書類です。
もちろんいい加減な内容で作成するわけにはいきませんし、相続財産の全容が不明確なままで作成したまま相続手続きを進めた結果、予期せぬトラブルが発生する事も考えられます。富山相続よろず相談室では親族でのトラブルとならないためにも、きちんとした手順を踏んで遺産分割協議書を作成する事をお勧めいたしております。

 

実際に相続が発生して遺産分割協議書を作成しなければならないなどでお困りの方は富山相続よろず相談室までご相談ください。

遺産分割協議について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします