遺産分割の方法について

ここでは遺産分割の方法についてご説明していきます。

遺産分割の方法としては大きく分けて3つの方法があります。
現物分割・代償分割・換価分割の3つの方法になります。これらの遺産分割の方法は、遺産分割の基本的な方法となりますので、下記で確認していきましょう。

 

3つの遺産分割の方法

現物分割

この方法は、”預貯金は妻”、”土地は長男”、”建物は次男”、とそれぞれの資産をそのまま(現物のまま)分割をするという方法です。

現物分割を使用した場合、遺産そのものをそのまま残す事が可能ですが、一つの建物を2つに分割をしなければならない場合や、狭い土地をいくつかに分けて分割をする場合等、各相続人に公平に分割をする事が難しいケースも出てきます。
この現物分割で相続していく場合、各相続人の相続分をきっちり分けるのは難しいので次にご紹介する代償分割などで補完します。 

 

代償分割

ある特定の相続人が、特定の財産を相続する代償として金銭等を他の相続人へと支払う事でそれぞれに分配する遺産を公平にする方法を代償分割と言います。

例えば、相続人が兄弟、AさんとBさんであった場合の相続財産が土地のみであった場合、土地の全てをAが単独で相続する、とした場合、AとBには不公平が生じてしまいます。

このような場合に、「被相続人の土地についてはAが単独で相続をするが、その代償としてAはBに対してA所有の金融資産を一部分割する」といった内容の遺産分割をする事で、AさんとBさんの間の不公平を解消する事が可能になります。

また、遺産分割時に代償金となる原資が足りない場合は、代償金を分割で支払う事も可能です。代償金の支払いを滞りなく行うためにも、特定の財産を相続する可能性のある方は、計画的に資金の確保しておくと良いでしょう。

 

換価分割

換価分割は、相続財産の不動産を売却して金銭に換価した金銭を相続人同士で分割する方法です。土地や建物はそのままの形では分割する事が難しいので、それらを売却して現金化する事で遺産分割を行う事が可能になります。

しかし、分割する不動産にまだ住んでいる相続人がいる場合や、売却を反対している相続人がいる場合などはこの換価分割は難しい選択になってしまいます。

また、換価分割は被相続人の遺産を処分する事になりますが、処分についての費用や譲渡取得税といった費用がかかりますので、その点についても相続人同士で事前に話し合う必要があるでしょう。

 

遺産分割協議をしなければならないが、土地や建物の分割、分割方法についての案がまとまらない、という方はまず富山相続よろず相談室へお問合せ下さい。相続について、経験豊富な専門家が、ご相談者様にとっての最善策をご提案させて頂きます。

遺産分割協議について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします