遺言による相続税対策

ここでは遺言書でできる相続税対策について見ていきましょう。

相続税とは相続によって相続人が遺産を取得することに対して課税される税金のことを言います。取得した相続財産の全額に税金がかかるわけではなく、下記の基礎控除を超える分に対して相続税が発生します。

現在(平成29年11月)の相続税基礎控除は、下記のとおりです。

基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人の数
※今後法改正などによって変更する可能性がありますのでご注意ください

 

この控除をうまく利用して相続税対策をすることができます。

このページでは遺言書で具体的にどのような対策ができるか父、母、兄、弟の四人家族の場合を例にご説明していきます。

※ここではわかりやすくお伝えをするため、葬儀費用等は考慮せず、遺産総額=課税価格とします。

 

二次相続の分まで考慮して対策をする

一次相続(お父様が亡くなられた場合の相続)

​亡くなられたお父様の名義の財産は6000万円で、内訳が不動産が3000万円、預金が3000万円あります。
お父様が亡くなった場合、相続人は母、兄、弟の3人となり、
相続税の基礎控除は「3000万円+600万円×3」で4800万円となります。

お父様の遺産は6000万円ありますから、遺産総額の6000万円から控除額4800万円を引いた、1200万円に対して相続税が発生します。

遺産の法定相続分は配偶者が2分の1の3000万円、子供二人で残り2分の1を均等に分けて1500万円ずつということになります。

二次相続(お母様が亡くなられた場合の相続)

お父様の死後まもなくお母様が亡くなったとします。また、お母さま自身が元々持っていた財産は2000万円あったとします。

この場合、相続人は兄弟2人となり、相続税の基礎控除は「3000万+600万×2」で4200万円となります。
お父様が亡くなった時の相続でお母様が法定相続分の3000万円を相続していたら、元々持っている2000万+3000万でお母さまの財産は全部で5000万円となりますから、遺産総額の5000万円から控除額4200万円を引いた、800万円に対して相続税が発生します。

このように、最初の相続(一次相続)の際に法定相続分で遺産相続を行うと、相続人である兄弟は一次相続、二次相続の両方で相続税を支払わなければならなくなることがわかります。

遺言書で対策をしておくと…

この事例では二次相続の分まで最初の一次相続で考慮しおく事の重要性がわかります。最初の相続(一次相続)の際に遺言書でお母様の相続分を2000万円にしておいた場合を見てみましょう。

お母様の元々の財産2000万+相続で2000万で遺産総額が4000万円
子ども2人兄弟の基礎控除は4200万円

二次相続においては遺産総額が基礎控除額を下回るので、相続税が課税されません

このように、後々のことまで考慮して遺言書に遺産配分を記載しておくことで相続税対策が取れるケースもあるということがお分かりになると思います。

 

富山相続よろず相談室ではパートナーの税理士と連携をして、税務については税理士が担当をしております。相続税についてのご相談も富山相続よろず相談室の無料相談をご利用ください。

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします