相続財産が不動産のみの場合

ここでは相続財産のほとんどを不動産が占めている場合について考えてみましょう。
不動産がたくさんあるという場合ではなく、持ち家の他に財産があまりない、というケースです。

遺産のほとんどが不動産

父は既に亡くなっており、母、兄、妹の3人家族の場合を見てみましょう。
母と妹は同居しており、兄は家庭を持ち、県外に暮らしています。
母の財産は住宅2000万円、預貯金300万円の総額2300万です。

この状態でお母さまが亡くなると、相続人は兄と妹の二人となります。
法定相続分では、相続人が子供のみの場合は財産の総額を均等に分けることになっています。したがって、兄妹それぞれの法定相続分は2300万を2で割った1150万円ということになります。
しかし、実際の財産はほとんどが不動産です。これをきっちり2等分で分けるには、二つの方法があります。

1、不動産を売却し現金化した後、2等分にわける。

不動産を売却して現金化すれば2等分にすることができます。ただしこの場合妹さんはそれまで住んでいた家を失ってしまうことになるので困ることになるでしょう。

2、不動産を相続し法定相続に足りない金額を現金で渡す。

自宅を守るためには、妹さんが不動産を相続するのが最善ですが、お母さまの遺産の預貯金は300万円しかありません。妹さんは2000万の家を手に入れる代わりに法定相続分より850万多く相続したことになり、これでは2等分にはなっていません。

妹さんは自分の預貯金から850万円をお兄さんに渡すことで2等分をしたことになりますが妹さんに預貯金がなければ、やはり自宅を売却することになってしまい上記と同様に困ることになってしまいます。

 

遺言書で対策

このような問題を解決するのに有効なのが遺言書です。
遺言書で不動産を妹さんが相続し、残りの預金をお兄さんに相続するように記載しておくことで、妹さんと住居を守ることができますし、兄妹間のトラブルを回避できます。

富山相続よろず相談室ではこのように相続財産のほとんどが不動産で占めている場合、相続トラブルになることを避けるためには遺言書の作成をおすすめしております。
 

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします