遺言書を取り消すには?

ここでは遺言書を取り消したい場合についてご説明していきます。

遺言書を作成をした後に「遺言の内容を取り消したい!」「遺言書の内容を変えたい!」となった場合に、遺言者はいつでも遺言書の内容を取り消したり、変更することが可能です。
遺言書はあくまで遺言者の希望を叶えるためのものであるからです。

なお、民法では「遺言者はいつでも遺言の方式に従って、その全部または一部を取消すことができる」となっています。

 

遺言書の内容を全部取り消す

遺言書を破棄する

遺言書を破棄する場合にはどの種類の遺言書を作成しているかにより方法が異なります。”自筆証書遺言”や”秘密証書遺言”の場合には、手元にある遺言書を破棄することにより遺言書を破棄することになります。

公正証書遺言を作成していた場合には、手元の謄本を破棄しても遺言書を取り消しをたことにはなりません。公正証書遺言の原本は公証人役場に保管されているからです。一度作成した公正証書遺言を取り消すには、新しい遺言を作成する必要があります。

 

新たな遺言書の作成をする

遺言書は過去に作成した遺言書より新しい日付の遺言書が効力を持ちますので、遺言書の種類にかかわらず、より新しい遺言書が有効になります。過去の遺言書が公正証書遺言であっても、新しい自筆証書遺言を作成することによって過去の公正証書遺言を取り消すことも可能です。

 

過去に作成した遺言書を撤回する旨の記載をした遺言書の作成をする

また、過去に作成した「平成○年×月△日作成の遺言を撤回する」という旨を記載した新しい遺言書を作成することによって、作成した遺言書を取り消すことも可能です。

 

自筆証書遺言の一部を訂正したい場合

作成した自筆証書遺言の一部の内容を訂正したい場合には、該当箇所を二本線で消し、その横に訂正後の文言を記入し、訂正箇所に印鑑を押印します。そして欄外に「~行目、~字削除、~字加入」を記載し、署名をすることで完了となります。

訂正箇所が1、2か所であれば訂正でもよいですが、訂正箇所が多いと、非常に分かりずらい遺言書になってしまいますので、新たな遺言書を作成した方が良いでしょう。

 

富山・高岡近郊にお住まいで遺言書についてご相談先をお探しの方は、富山相続よろず相談室の無料相談をご利用ください。

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします