遺言執行者とは?

遺言書には遺言書の内容通りに手続きをしていく人を指定しておくことが出来ます。この遺言書の内容通りに手続きを執行する者を「遺言執行者」と呼びます。

ここでは遺言執行者についてご説明していきます。

遺言執行者は家庭裁判所で遺言書の検認が完了したら、遺言の内容を実現していきます。

 

遺言執行者の指定

遺言執行者は、遺言で必ずしも指定しておく必要はありませんが、富山相続よろず相談室では財産の遺贈がある場合などには、作成した遺言の内容をより確実に実現する為にも、遺言執行者を指定しておくことをお勧めしております。

指定された遺言執行者は、遺言内容を実行していきますが、辞退することも認められています。

また遺言による遺言執行者の指定はないが遺言執行者を選任したい場合、相続人や利害関係者が家庭裁判所へ遺言執行人の選任を請求することができます。遺言執行者は誰でもなることができますが、遺言内容の実行には様々な手続きが多くなるため、専門家に依頼するのがお勧めです。

 

遺言執行者を専門家に依頼する場合

遺言執行の必要手続きにはそれなりの知識を要します。したがって遺言執行者を指定する際には専門家に依頼されることをお勧めいたします。
遺言執行者は、法的な判断が求められる場面が多々ありますので、相続手続きに強い法律の専門家に依頼することによって、遺言の実行もスムーズになり安心できるでしょう。

遺言執行者を専門家に依頼することでご遺族の負担軽減にもつながります。

 

富山相続よろず相談室では遺言執行者のご依頼や、遺言書作成、相続に関するお手伝いをしております。富山・高岡近郊にお住まいの方は是非無料相談をご利用ください。

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします