遺言書作成

遺言書は「誰に」「何を」相続させるのか、民法に基づき作成する法的な書類の事をいいます。
ここでは、遺言書の内容や作成方法をご説明していきます。

ここで注意しなければならないのは、法的効力を発生させるためには民法に基づいて作成されたものでないといけないということです。

民法に基づき正しく作成されていれば、基本的に遺言の通りに財産処理や手続きなどが進められます。
ただし、法律で決められたルール以外で遺言書を作成しても、法的効力はなくその役目は果たせません。 例えば、遺言書作成の日付が特定できないものや、音声録音のみの遺言などがこれに当たります。

 

遺言書の種類

遺言書の種類は作成方法で大きく分けて3つあります。

  • 自筆証書遺言

自筆証書遺言は”自筆”によって書かれた遺言書のことを言います。法律の規定に則ったものでなければ効力のある遺言として認められないので、作成には注意が必要です。現状では、一番利用されている方法と言えます。

  • 公正証書遺言

公正証書遺言は公証役場で公証人によって作成された遺言書のことをいいます。最も確実性の高い遺言方法と言えます。

  • 秘密証書遺言

秘密証書遺言は遺言の内容を知られたくない場合に作成されますが、実のところあまり利用されていないのが実情です。こちらも公証人及び証人の確認が必要になり、遺言書に記載の内容は秘密にされたままである一方、遺言書そのものの存在は認められることになります。

 

それぞれの遺言書の作成方法については後のページでご説明いたしますが、特に法的効力を発生させるためにお勧めなのが公正証書遺言となります。

 

残されたご遺族が困らないように遺言書を残したつもりでも、その遺言書の法的効力が正しく発生しないと、むしろ混乱をしてしまい結果困らせてしまう事になりかねません。ご自身の意思を確実に残すためにも、遺言書の形式や必要事項、作成方法について確認していきましょう。

 

富山相続よろず相談室で遺言書作成のサポート

上記の通り、法的効力を持つには民法に基づいて遺言書を作成することが重要です。富山相続よろず相談室はお客様の遺言書作成を法律家としてしっかりサポートいたします!富山相続よろず相談室では富山・高岡近郊にお住まいのお客様を地域密着の専門家としてお手伝いしております。遺言書を作成したいけどきちんとしたものが作れるかご不安な方は初回の無料相談をご利用ください。初回の無料相談の中でお客様の想いをしっかりとお伺いさせていただき、ご丁寧にご案内させて頂きます。

 

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします