相談事例

富山の方より相続についてのご相談

2020年04月10日

Q:財産が少なく、相続の際遺産分割協議書を作るほどではありません。(富山)

私は富山に住む60代の主婦です。先日主人が事故で亡くなりました。急なことで、悲しむ余裕のないまま主人の生まれ育ったこの富山にて葬儀を執り行いました。相続人は妻である私と成人の子供の2人ですが、私には相続について何の知識もありません。富山に住む友人のアドバイスで、遺品整理を行いながら遺言書を探してはみましたが見つかりませんでした。主人には遺産というほどのものはほとんどありません。私は息子とは同居しており仲もよく、日々の生活の中で遺産分割についての話し合いを問題なく終えました。このような場合でも遺産分割協議書は必ず作成しなければいけないのでしょうか。(富山)

 

A:遺産分割協議書は相続手続きの様々な場面において必要です。

遺言書が残されていなかった場合、相続人全員で遺産分割協議を行います。そこで合意した内容を書面にしたものを遺産分割協議書といいます。もし遺言書が見つかった場合は遺産分割を行わず、遺言書の内容に従って相続手続きを進めます。

作成した遺産分割協議書は今後、名義変更等の手続きにおいて必要になることがあります。また、のちに相続人間トラブルが起こった際や、内容を確認したい時に確認することができますので、作成しておいた方がよいでしょう。

また、ご相談者様はお子様と仲が良く、日々の生活の中で問題なく遺産分割の話し合いが済んでしまったとのことですが、今後の手続きを進める中で、遺産分割協議書を準備していた方がスムーズにいく場面は多く、正式な書面である遺産分割協議書を作成しておいた方が良いと言えます。

【遺産分割協議書が必要になる手続き(遺言書なし)】

  • 不動産の相続登記
  • 相続税の申告
  • 金融機関の預金口座が多い場合(遺産分割協議書がないと、全ての金融機関の所定用紙に相続人全員の署名押印が必要になる)

上記のような手続きの必要がある場合は、遺産分割協議書を作成しましょう。相続人の調査、財産の調査等、相続には面倒で複雑な手続きも多く、思うように進まず予想以上に時間がかかることも多くありますが、これらの手続きは専門家へ依頼する事で迅速かつ正確に終わらせる事が出来ます。

 

富山相続よろず相談室は高岡市に事務所があり、相続の経験豊富な専門家が富山の皆さまの相続手続きに関する様々なお手伝いをさせて頂きます。富山相続よろず相談室は高岡にお住まい、ご勤務の方からアクセスしやすい場所にございます。どのような相続の質問でも構いませんので、まずは無料相談をご利用ください。富山の皆さまからのお問い合わせ、ご来所を心よりお待ちしております。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします