相談事例

富山の方より相続についてのご相談

2019年08月01日

Q:夫の遺産を前妻との子供が相続する事を防ぎたい(富山)

夫には離婚歴があり、前妻との間に子供がいる事は夫から聞いています。最近、夫が富山に戸建てを建てたのですが、夫と私の間には子供がおりませんので夫にもしもの事があった場合に自宅を手放す事になってしまわないかと心配しております。前妻との子にも夫の相続権はあるのでしょうか?どうにかして前妻の子を夫の相続人から外す事は出来ないのでしょうか。(富山)

A:相続人の資格を奪う事は基本的には出来ません。

夫婦の関係は離婚により解消する事が出来ますが、親子の関係は解消する事が出来ません。したがって、離婚をした前妻との間の子が旦那様の相続人であるという事は変える事はを消す事は出来ないのです。

どうしても相続人の資格を奪いたい、という場合に「廃除」という制度を使う事も可能です。これは家庭裁判所に申立てを行う手続きになりますが、相続人となる者自身にあまりにも酷い非行があったり、被相続人への酷い虐待や侮辱行為などがあった場合に「相続人にふさわしくない」と家庭裁判所に判断をしてもらい相続人から廃除をする制度です。

また、その相続に絡んだ殺人に関与していた場合や、被相続人の遺言書の偽造や隠匿などを行った場合には「相続欠格」として相続人となることができない制度もあります。

この「廃除」や「相続欠格」はその本人だけに適用されますので、代襲相続が可能になります。従って、本人が廃除や相続欠格により相続人とならなかったとしても、本人に子がいた場合にはその子が相続人となるのです。

上記の事をふまえて検討をした場合、前妻の子から相続する権利を奪うのではなく、旦那様の生前から対策することでご相談者様の納得される内容で遺産相続が出来るように考えていくことをおすすめいたします。

具体的な生前対策の方法としては、遺言書の作成(遺留分を考慮したもの)、生命保険の活用、民事信託の活用などがございます。どちらの方法につきましても、旦那様のご協力が必要となりますのでお話しを聞いてみたいという場合には、旦那様もご一緒に無料相談へとお越し頂くとよいかと思います。

富山相続よろず相談室では、初回のご相談は無料でお話しをお伺いさせて頂いております。今回のご相談のように、離婚歴がある場合の相続に関しても丁寧に対応をさせて頂きますので、富山の方で相続についてのお困り事で悩んでいらっしゃいましたら、どのような些細な事でも構いませんのぜひ一度お気軽にお立寄り下さい。ご相談者様のご事情をふまえ、専門家がアドバイス、サポートいたします。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします