相続・遺言に関するご相談事例をご紹介いたします。

高岡

高岡の方より相続のご相談

2020年03月05日

Q:父の相続手続きの際に必要な戸籍について教えていただきたいです。(高岡)

高岡に一人で暮らしていた父が亡くなり、相続手続きを進めています。母も数年前に亡くなっており、私には兄弟姉妹がおりませんので、相続人は私一人になると思います。先日、高岡にある銀行へ行った際、あらかじめ準備しておいた父が亡くなったことが分かる戸籍と自分の現在の戸籍を提出しました。しかし、それだけでは不十分だと言われました。他にはどのような戸籍が必要なのでしょうか。相続手続きが進められずにいるので、悩んでおります。なお、父の出身地は大阪です。(高岡)

 

A:相続手続きにはお父様の出生から亡くなるまでの戸籍が必要になります。

戸籍には、複数の種類がありますので混乱なさることもあるかと思います。相続手続きにおいて基本的には下記の戸籍が必要になります。

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本

被相続人の出生から死亡までの戸籍には、お父様がいつ誰と誰の間に生まれた子であって、その両親のもとで兄弟が何人いるか、誰と結婚したか、子供が何人いるか、いつ亡くなったかといったことがすべて記録されています。この戸籍により、お父様が亡くなった時点で配偶者はいないのか、ご相談者様以外に子供がいないのかを確認することができます。もしもお父様に隠し子や養子がいた場合、ご相談者様以外にも相続が発生しますので、早めに取り寄せることをおすすめします。

戸籍を取る際には、役所へ請求しなくてはなりません。通常は、亡くなった方の最後の本籍地を管轄する役所へ出生から死亡までに戸籍を請求すれば、その役所にある戸籍は出してもらうことができます。ご相談者様の場合、お父様は大阪出身ということですので、大阪の役所へ請求することになります。遠方にあり、直接役所に出向くことが難しい場合は、郵便での請求と取り寄せが可能ですので、各役所のホームページなどでご確認ください。ただし、多くの人は人生の中で複数回転籍をしているため、一つの役所ですべてそろうことはなかなかありません。その場合、従前の戸籍を取りよせるため、戸籍の内容を読みとり、別の役所への請求が必要となります。

たとえ、相続人が一人であったとしても戸籍謄本を揃えるなど、相続手続きには時間や手間がかかります。特に平日にお仕事をされている方だと、役所や銀行へ問い合わせを行うことが難しいと思います。なかなか手続きが進まずに困っているという方も多数いらっしゃいます。富山相続よろず相談室では、専門家による無料相談を実施しております。高岡周辺にお住いの皆さま、相続が開始したらまずはお気軽にご相談ください。

高岡の方より相続のご相談

2019年12月13日

Q:相続で友人に遺産を渡すことは可能でしょうか?(高岡)

私は高岡で暮らしています。最近、終活について考えるようになり、自身の相続について悩んでおりますので、今回ご相談いたしました。私は独身で子どもも居らず、身寄りがありません。しかし地元高岡には親しい友人や知人も多く、私が困った時には親身になって助けてくれ、支えてくれる仲間がいます。私の両親や兄弟はすでに亡くなっておりますし、相続人がおりませんので、私の亡き後、財産はそのお世話になった友人たちに渡したいと考えています。このような場合には、友人に財産を渡すことは可能でしょうか。また、相続についての準備としてどのようなことをすればよいでしょうか。(高岡)

 

A:相続の準備として、遺言書を作成することをお勧めいたします。

この度は富山相続よろず相談室にご相談くださいましてありがとうございます。

今回の高岡のご相談者様のように、相続人以外の方に遺産を渡したいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。ご相談内容は、ご自身の遺産を高岡での暮らしを支えてくれたご友人に渡したいということですが、そういった場合は、公正証書遺言でご友人に遺産を渡す旨の遺言を作成しておくことが有効となります。

遺言書にはいくつか種類がありますが、公正証書遺言は確実に遺言を残したい場合に有効となってきます。公正証書遺言は公証役場で、公証人が遺言者と一緒に遺言の内容を確認して作成します。さらに、作成した遺言書の原本は公正役場に保管されますので、遺言書の紛失や改変のリスクがありません。また、遺言書の中で遺言執行者を指定しておくと良いでしょう。遺贈を原因とした所有権移転登記は贈与扱いとなるため受遺者単独では行えないと考えられます。死後に家庭裁判所に遺言執行者を選任してもらうことも可能ですが、遺言書に記しておくことをお勧めいたします。

しかし、高岡のご相談者様には当てはまりませんが、ご友人など法定相続人以外に遺産を渡す旨の遺言書を作成する際には遺留分の考慮が必要な場合があります。

遺留分とは一定の相続人が最低限相続できる財産の割合のことで、民法では「遺留分侵害額請求権」という侵害された遺留分の額に相当する金銭の支払いを請求できる権利が定められています。ご友人へ財産の全部を遺贈するという遺言を作成した場合、ご友人が遺留分を侵害された相続人により遺留分の侵害額請求をされる可能性もありますのでご注意ください。

ただし、遺留分を持つ相続人は亡くなった方の直系尊属、配偶者、子(代襲相続人)なので兄弟姉妹には遺留分はありません。高岡のご相談者様のお考えを実現するためにも、ご友人に遺産を渡す意思を公正証書遺言に記しておくことが大切です。

富山相続よろず相談室では、相続のお手続きに実績のある専門家がご相談に無料でご対応しております。高岡近郊にお住まいの方はお気軽にお問合せください。

高岡の方よりいただいた相続についてのご相談

2019年11月14日

Q:養子の法定相続分は実子と同じなのでしょうか?(高岡)

私は5年ほど前に高岡に住む叔父の養子になりました。先日その叔父が亡くなり、相続手続きをすることとなりました。叔父には一人息子がおりましたが、20年ほど前から行方不明となっており、叔父の生活面のサポートや財産の後継ぎなどを考え、私と養子縁組をしました。今回叔父が亡くなったことにより、行方不明になっていた実子である息子が帰ってきました。どこで叔父が亡くなったことを聞いたのかは分かりませんが、叔父と私が住んでいた高岡の自宅や、その他の財産も全て実子である自分が相続すると言ってきました。しかし、これまで高岡の叔父名義の自宅で同居し、叔父の身の回りの世話をしてきた私としては、その主張を受け入れることはできません。私は全く叔父の遺産を相続できないのでしょうか。養子の法定相続分について教えていただきたいです。(高岡)

A:養子と実子の法定相続分は同じです。

養子と実子の法定相続分は同じです。”養子は、縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得する"と民法で定められています。したがって、叔父様の相続では、養子であるご相談者様と実子である息子様が相続人となり、他に相続人がいない場合にはそれぞれ1/2ずつが法定相続分となります。相続人については、叔父様の出生から死亡までの全ての戸籍謄本等を収集して、他に相続人がいないかしっかり調査しましょう。叔父様が遺言書を作成していた場合には、遺言書の内容で遺産分割をしていきますが、無い場合には相続人全員の話し合いによって遺産分割をする必要があります。その際、実子である息子様の主張をご相談者様が納得できず、遺産分割協議では決着がつかないという場合、家庭裁判所に申立てをして調停または審判によって決めることも可能です。しかし、それはあくまでも最終手段としてであり、相続人全員の話し合いによって遺産分割の内容が決まるのであれば、それに越したことはありません。相続人全員での話し合いで進まない場合には、第三者として専門家を間にいれることによって、話し合いが進む場合もございます。

いずれにしても、養子でも実子と同じ法定相続分がございますが、相続ではご家庭それぞれにおいてケースバイケースの解決方法がございます。高岡で相続に関するお困り事でしたら、まずは富山相続よろず相談室へご相談ください。初回は完全に無料でお困り事をお伺いし、ご相談者様に適した方法をご提案させていただきます。

1 / 3123

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします