相談事例

富山の方より相続についてのご相談

2020年04月10日

Q:財産が少なく、相続の際遺産分割協議書を作るほどではありません。(富山)

私は富山に住む60代の主婦です。先日主人が事故で亡くなりました。急なことで、悲しむ余裕のないまま主人の生まれ育ったこの富山にて葬儀を執り行いました。相続人は妻である私と成人の子供の2人ですが、私には相続について何の知識もありません。富山に住む友人のアドバイスで、遺品整理を行いながら遺言書を探してはみましたが見つかりませんでした。主人には遺産というほどのものはほとんどありません。私は息子とは同居しており仲もよく、日々の生活の中で遺産分割についての話し合いを問題なく終えました。このような場合でも遺産分割協議書は必ず作成しなければいけないのでしょうか。(富山)

 

A:遺産分割協議書は相続手続きの様々な場面において必要です。

遺言書が残されていなかった場合、相続人全員で遺産分割協議を行います。そこで合意した内容を書面にしたものを遺産分割協議書といいます。もし遺言書が見つかった場合は遺産分割を行わず、遺言書の内容に従って相続手続きを進めます。

作成した遺産分割協議書は今後、名義変更等の手続きにおいて必要になることがあります。また、のちに相続人間トラブルが起こった際や、内容を確認したい時に確認することができますので、作成しておいた方がよいでしょう。

また、ご相談者様はお子様と仲が良く、日々の生活の中で問題なく遺産分割の話し合いが済んでしまったとのことですが、今後の手続きを進める中で、遺産分割協議書を準備していた方がスムーズにいく場面は多く、正式な書面である遺産分割協議書を作成しておいた方が良いと言えます。

【遺産分割協議書が必要になる手続き(遺言書なし)】

  • 不動産の相続登記
  • 相続税の申告
  • 金融機関の預金口座が多い場合(遺産分割協議書がないと、全ての金融機関の所定用紙に相続人全員の署名押印が必要になる)

上記のような手続きの必要がある場合は、遺産分割協議書を作成しましょう。相続人の調査、財産の調査等、相続には面倒で複雑な手続きも多く、思うように進まず予想以上に時間がかかることも多くありますが、これらの手続きは専門家へ依頼する事で迅速かつ正確に終わらせる事が出来ます。

 

富山相続よろず相談室は高岡市に事務所があり、相続の経験豊富な専門家が富山の皆さまの相続手続きに関する様々なお手伝いをさせて頂きます。富山相続よろず相談室は高岡にお住まい、ご勤務の方からアクセスしやすい場所にございます。どのような相続の質問でも構いませんので、まずは無料相談をご利用ください。富山の皆さまからのお問い合わせ、ご来所を心よりお待ちしております。

高岡の方より相続のご相談

2020年03月05日

Q:父の相続手続きの際に必要な戸籍について教えていただきたいです。(高岡)

高岡に一人で暮らしていた父が亡くなり、相続手続きを進めています。母も数年前に亡くなっており、私には兄弟姉妹がおりませんので、相続人は私一人になると思います。先日、高岡にある銀行へ行った際、あらかじめ準備しておいた父が亡くなったことが分かる戸籍と自分の現在の戸籍を提出しました。しかし、それだけでは不十分だと言われました。他にはどのような戸籍が必要なのでしょうか。相続手続きが進められずにいるので、悩んでおります。なお、父の出身地は大阪です。(高岡)

 

A:相続手続きにはお父様の出生から亡くなるまでの戸籍が必要になります。

戸籍には、複数の種類がありますので混乱なさることもあるかと思います。相続手続きにおいて基本的には下記の戸籍が必要になります。

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本

被相続人の出生から死亡までの戸籍には、お父様がいつ誰と誰の間に生まれた子であって、その両親のもとで兄弟が何人いるか、誰と結婚したか、子供が何人いるか、いつ亡くなったかといったことがすべて記録されています。この戸籍により、お父様が亡くなった時点で配偶者はいないのか、ご相談者様以外に子供がいないのかを確認することができます。もしもお父様に隠し子や養子がいた場合、ご相談者様以外にも相続が発生しますので、早めに取り寄せることをおすすめします。

戸籍を取る際には、役所へ請求しなくてはなりません。通常は、亡くなった方の最後の本籍地を管轄する役所へ出生から死亡までに戸籍を請求すれば、その役所にある戸籍は出してもらうことができます。ご相談者様の場合、お父様は大阪出身ということですので、大阪の役所へ請求することになります。遠方にあり、直接役所に出向くことが難しい場合は、郵便での請求と取り寄せが可能ですので、各役所のホームページなどでご確認ください。ただし、多くの人は人生の中で複数回転籍をしているため、一つの役所ですべてそろうことはなかなかありません。その場合、従前の戸籍を取りよせるため、戸籍の内容を読みとり、別の役所への請求が必要となります。

たとえ、相続人が一人であったとしても戸籍謄本を揃えるなど、相続手続きには時間や手間がかかります。特に平日にお仕事をされている方だと、役所や銀行へ問い合わせを行うことが難しいと思います。なかなか手続きが進まずに困っているという方も多数いらっしゃいます。富山相続よろず相談室では、専門家による無料相談を実施しております。高岡周辺にお住いの皆さま、相続が開始したらまずはお気軽にご相談ください。

富山の方より相続についてのご相談

2020年02月07日

Q:夫が先月亡くなりました。相続についての知識が全くありません。(富山)

富山市在住の50代の主婦です。先月同じく50代の夫が急死しました。急なことでしたので、悲しむ余裕もないままどうにか富山市の葬儀場で葬儀を終え、これからどうしたらいいのだろうと途方に暮れています。相続など、やらなければいけないことが多いとは思うのですが、何から手を付けたらいいのか分かりません。夫には、富山市に夫のお父さんから相続したアパートがあります。私にとって相続は初めてのことで、知識も皆無です。相続について教えてください。(富山)

A:相続は複雑で、期限があるものもあります。ぜひ専門家に相談しましょう。

被相続人が亡くなったら何よりもまず、遺言書が遺されてされていないかを確認します。ご相談者様の場合、旦那様はお若く、急死とのことですので遺言書が残されている可能性は低いとは思われますが、遺品整理の際、遺言書を必ず探して下さい。基本的に遺言書の内容は民法で定められた法定相続よりも優先されます。遺言書が見つからなかった場合、戸籍の調査をします。被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を取得し、相続人を確定させます。相続人の戸籍謄本も併せて取り寄せ、遺産相続の手続きの際に使用します。

続いて、被相続人の相続財産について調査します。ご自宅が持ち家の場合、ご自宅と所有している不動産の登記事項証明書、固定資産税の納税通知書、銀行の通帳などを集め確認します。収集した書類をもとにして、相続財産目録を作成します。相続財産目録を作ることで、相続財産全体の内容が一目でわかるようになります。

以上の準備が整いましたら、相続人全員で遺産を誰にどのように分けるかを話し合う“遺産分割協議”を行います。遺産の分割方法が決定したら、決定内容を“遺産分割協議書”に記載し、相続人全員で署名・押印を行います。遺産分割協議書は相続により取得した不動産の名義変更の際に必要になります。また、被相続人の預貯金を引き出す際にも必要となる場合があります。これらの手続きには相続の専門家がおりますので、まずはお気軽に無料相談をご活用ください。

富山相続よろず相談室では、富山の皆さまからの相続のご相談を多数お受けしております。相続人同士でうまくまとまらない相続手続きや、金融機関への財産調査のお手伝い等もさせて頂いております。専門家へ依頼することで迅速に調査でき、その後の遺産分割協議まで合わせてサポートさせていただくことが可能です。富山相続よろず相談室は高岡市に事務所があり、富山近郊にお住まいの皆さまがアクセスしやすい場所にございます。様々な相続手続きのサポートを経験豊富な専門家がお手伝いさせていただいております。どのような相続の質問でも構いませんので、まずは無料相談をご利用ください。

富山の方から相続についてのご質問です

2020年01月16日

Q:相続できる遺産が不動産しかなく、どうやって分けたらいいか分かりません。(富山)

富山在住の主婦です。だいぶ前に母親を亡くしており、先月同じく富山に住んでいた父も亡くなりました。私には富山に住んでいる弟がおります。父は富山の実家で一人暮らしをしていましたので、慣れ親しんだ生家にて葬儀を行い、その後の遺品整理で遺言書は見つかりませんでした。父の財産は子供である私たち姉弟で相続しますが、遺産相続のため父の戸籍と財産を調べたところ、相続財産は不動産ばかりでした。父は賃貸収入のあるアパートを経営しており、富山の生家も相続財産になるかと思います。姉弟で土地は売らないと決めていますが、どのようにして不動産(自宅、アパート)を売ることなく、公平に相続出来ますか?(富山)

 

A:不動産をご姉弟で平等に相続する方法はいくつかあります。

被相続人が遺言書を遺しているのであれば、基本的にはそれに従います。

今回のご相談者様のケースでは遺言書は見つからなかったとのことですので、被相続人が亡くなった時点で姉弟のお二方が相続人となり、遺産である不動産はお二人の共有の財産となります。相続財産に不動産が含まれている、不動産しかない、さらに相続人が何人かいるという場合は簡単には遺産分割できず、現金を単純に分割するようにはいきません。

 

不動産が共有の財産である場合、売却などの手続きは相続人全員の合意が必要になりますが、今回のご相談者様は不動産を売却するお考えはありませんので、不動産を複数人で相続する方法は下記をご参照ください。

相続人全員でご相談の上、全員が納得した方法で手続きを進めましょう。

 

①現物分割 遺産をそのままの形で相続する方法。それぞれの評価額が異なることもあるため、相続人間で不公平が生じることもあるが、相続人全員が納得すれば円滑な遺産分割方法。

例)少額の現金、自宅、アパートが遺産

姉:現金と自宅を相続

弟:アパートを相続

 

②代償分割 相続人のうちの一人ないし数名が不動産等の資産を相続し、代わりに他の相続人に代償金または代償財産を支払う。

⇒代償分割は不動産を売却する必要がありませんので、相続した自宅に相続人が住んでいる場合などに有効な方法です。ただし、不動産を相続する代わりに、不動産を相続した人は他の相続人に現金などの資産を支払うので、ある程度の資金(またはそれに代わるもの)が必要です。

 

③共有分割 複数の相続人が一つの土地や建物の持ち分を取得する方法です。相続人複数名の共有名義で登記(名義変更)を行います。

複数人で一つの不動産を管理する為、相続人同士揉めやすいので注意が必要です。

 

また、今回のご相談者様には当てはまりませんが、不動産を売却した際の現金を分配する【換価分割】という方法もあります。

今回のご相談者様は、まず自宅とアパートの価値を査定し、その結果に基づいてご姉弟でどのように分割するか話し合うと良いでしょう。

 

相続財産に不動産が含まれている、一つの不動産を複数名で相続する等、こういった相続は簡単にはまとまらないことが多いので、正しい知識と豊富な経験を持つ不動産相続の専門家に相談し、一番良い方法で進めましょう。

富山相続よろず相談室は高岡市に事務所があり、様々な相続手続きのサポートを経験豊富な専門家がお手伝いさせていただいております。富山相続よろず相談室は高岡にお住まい、ご勤務の方からアクセスしやすい場所にあります。どのような相続の質問でも構いませんので、まずは無料相談をご利用ください。

高岡の方より相続のご相談

2019年12月13日

Q:相続で友人に遺産を渡すことは可能でしょうか?(高岡)

私は高岡で暮らしています。最近、終活について考えるようになり、自身の相続について悩んでおりますので、今回ご相談いたしました。私は独身で子どもも居らず、身寄りがありません。しかし地元高岡には親しい友人や知人も多く、私が困った時には親身になって助けてくれ、支えてくれる仲間がいます。私の両親や兄弟はすでに亡くなっておりますし、相続人がおりませんので、私の亡き後、財産はそのお世話になった友人たちに渡したいと考えています。このような場合には、友人に財産を渡すことは可能でしょうか。また、相続についての準備としてどのようなことをすればよいでしょうか。(高岡)

 

A:相続の準備として、遺言書を作成することをお勧めいたします。

この度は富山相続よろず相談室にご相談くださいましてありがとうございます。

今回の高岡のご相談者様のように、相続人以外の方に遺産を渡したいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。ご相談内容は、ご自身の遺産を高岡での暮らしを支えてくれたご友人に渡したいということですが、そういった場合は、公正証書遺言でご友人に遺産を渡す旨の遺言を作成しておくことが有効となります。

遺言書にはいくつか種類がありますが、公正証書遺言は確実に遺言を残したい場合に有効となってきます。公正証書遺言は公証役場で、公証人が遺言者と一緒に遺言の内容を確認して作成します。さらに、作成した遺言書の原本は公正役場に保管されますので、遺言書の紛失や改変のリスクがありません。また、遺言書の中で遺言執行者を指定しておくと良いでしょう。遺贈を原因とした所有権移転登記は贈与扱いとなるため受遺者単独では行えないと考えられます。死後に家庭裁判所に遺言執行者を選任してもらうことも可能ですが、遺言書に記しておくことをお勧めいたします。

しかし、高岡のご相談者様には当てはまりませんが、ご友人など法定相続人以外に遺産を渡す旨の遺言書を作成する際には遺留分の考慮が必要な場合があります。

遺留分とは一定の相続人が最低限相続できる財産の割合のことで、民法では「遺留分侵害額請求権」という侵害された遺留分の額に相当する金銭の支払いを請求できる権利が定められています。ご友人へ財産の全部を遺贈するという遺言を作成した場合、ご友人が遺留分を侵害された相続人により遺留分の侵害額請求をされる可能性もありますのでご注意ください。

ただし、遺留分を持つ相続人は亡くなった方の直系尊属、配偶者、子(代襲相続人)なので兄弟姉妹には遺留分はありません。高岡のご相談者様のお考えを実現するためにも、ご友人に遺産を渡す意思を公正証書遺言に記しておくことが大切です。

富山相続よろず相談室では、相続のお手続きに実績のある専門家がご相談に無料でご対応しております。高岡近郊にお住まいの方はお気軽にお問合せください。

1 / 3123

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします