相談事例

富山の方より相続についてのご相談

2019年08月01日

Q:夫の遺産を前妻との子供が相続する事を防ぎたい(富山)

夫には離婚歴があり、前妻との間に子供がいる事は夫から聞いています。最近、夫が富山に戸建てを建てたのですが、夫と私の間には子供がおりませんので夫にもしもの事があった場合に自宅を手放す事になってしまわないかと心配しております。前妻との子にも夫の相続権はあるのでしょうか?どうにかして前妻の子を夫の相続人から外す事は出来ないのでしょうか。(富山)

A:相続人の資格を奪う事は基本的には出来ません。

夫婦の関係は離婚により解消する事が出来ますが、親子の関係は解消する事が出来ません。したがって、離婚をした前妻との間の子が旦那様の相続人であるという事は変える事はを消す事は出来ないのです。

どうしても相続人の資格を奪いたい、という場合に「廃除」という制度を使う事も可能です。これは家庭裁判所に申立てを行う手続きになりますが、相続人となる者自身にあまりにも酷い非行があったり、被相続人への酷い虐待や侮辱行為などがあった場合に「相続人にふさわしくない」と家庭裁判所に判断をしてもらい相続人から廃除をする制度です。

また、その相続に絡んだ殺人に関与していた場合や、被相続人の遺言書の偽造や隠匿などを行った場合には「相続欠格」として相続人となることができない制度もあります。

この「廃除」や「相続欠格」はその本人だけに適用されますので、代襲相続が可能になります。従って、本人が廃除や相続欠格により相続人とならなかったとしても、本人に子がいた場合にはその子が相続人となるのです。

上記の事をふまえて検討をした場合、前妻の子から相続する権利を奪うのではなく、旦那様の生前から対策することでご相談者様の納得される内容で遺産相続が出来るように考えていくことをおすすめいたします。

具体的な生前対策の方法としては、遺言書の作成(遺留分を考慮したもの)、生命保険の活用、民事信託の活用などがございます。どちらの方法につきましても、旦那様のご協力が必要となりますのでお話しを聞いてみたいという場合には、旦那様もご一緒に無料相談へとお越し頂くとよいかと思います。

富山相続よろず相談室では、初回のご相談は無料でお話しをお伺いさせて頂いております。今回のご相談のように、離婚歴がある場合の相続に関しても丁寧に対応をさせて頂きますので、富山の方で相続についてのお困り事で悩んでいらっしゃいましたら、どのような些細な事でも構いませんのぜひ一度お気軽にお立寄り下さい。ご相談者様のご事情をふまえ、専門家がアドバイス、サポートいたします。

高岡の方より相続についてのご相談

2019年07月17日

Q:相続人が多く、遺産分割協議が進められそうにありません。(高岡)

母の相続が発生したのですが、兄弟が多く、代襲相続もあり、相続人が多くてとても全員で遺産分割協議なんてできません。母は高岡に住んでいましたし、私も高岡に家がありますが、県外で暮らしている相続人も多くいます。
相続人の代表者が遺産分割を決めることはできないのでしょうか。(高岡)

A:遺産分割協議は相続人全員で行いますが、全員が一か所に集まらなければいけないという意味ではありません。

相続における遺産分割協議は、原則として相続人全員で行うものですが、全員が顔を突き合わせて話し合わなければならないというわけではありません。
電話でのやり取りで、代表者が意見を取りまとめるのでも良いですし、最近では、TV電話やインターネット会議システムも相続の場で活用されるようになってきました。
全員が何らかの形で協議に参加し、合意したという事実が重要です。

遺産分割協議書は相続手続きを行う上で重要な書類になります。
遺産分割協議書には、相続人全員の署名と捺印が必要になります。これは、遺産分割の内容に合意を示す証明になります。
これも、署名と捺印の為に相続人全員が一ヶ所に集まる必要はなく、郵送で遺産分割協議書を送り、署名捺印をもらうという方法で構いません。
また、捺印は実印である必要はないとされていますが、より確かなものにするために富山相続よろず相談室では実印で作成することをおすすめしています。

富山相続よろず相談室は高岡市に事務所があり、遺産分割協議書の作成をはじめ様々な相続手続きのサポートを行っております。高岡にあるご相談者様のご自宅からもアクセスしやすい場所ですので、まずは無料相談をご利用いただければ幸いです。

富山の方より相続についてのご相談

2019年06月03日

Q:幼い頃に母と別れた父が亡くなりました。相続人は誰になるのでしょうか?(富山)

私が幼い頃に父と母は離婚しています。その父が最近亡くなったと、親戚から連絡がありました。離婚後、母と私は富山を離れましたが、父は亡くなるまで富山で生活をしていたようです。また、父は再婚をしており、現在の奥様とそのお子様と自営業で生計をたてていたようです。この事もあり、現在の奥様から「財産となる自営業のお店は自分の息子に譲りたいので相続放棄をしてほしい。」というような話をされています。父と母の離婚時は、私も幼かったこともあり、富山で一緒に暮らしていた記憶すらも曖昧ですので相続放棄をする事は構わないのですが、法律的に判断した場合に誰に相続する権利があるのかをきちんと確認をしたいのです。亡くなった父の実子となるのは、私と現在の奥様と父との間の息子一人です。(富山)

A:実子であるご相談者様、現在の奥様とその子供も法定相続人となります。

遺言書のない相続の場合には、まず法定相続人を確認しましょう。法定相続人は、配偶者とその亡くなられた人の子供が対象となります。この場合の子供は、実子、養子関係なく相続人とされます。もしも婚外子である場合でも、認知をしていれば実子と同じ扱いになります。ただし、後妻の方に連れ子がいた場合、その子と養子縁組をしていた場合には相続人とみなされます。婚姻をしただけでは、連れ子が自動的に養子となるわけではありませんので注意しましょう。

また、法定相続分については法律で決められていますが、遺言書がない場合には相続人同士での遺産分割の話し合いにより財産の分配内容を決める事が出来ます。もし、ご相談者様が遺産についての放棄を迷われているのであれば、まずは財産の内容がどのようなものであるのかを調査し、相続をするかどうか判断をする事をおすすめいたします。相続放棄をする場合には、家庭裁判所へと申述を行う事になりますが期限が決められていますので注意が必要です。

富山相続よろず相談室では、今回のような富山にお住まいの方の相続についてのご相談について初回無料でお話しをお伺いさせて頂いております。富山以外の方からのご相談もご対応しておりますので、どのような些細なお困り事でもお気軽にお気軽にお問合せ下さい。

高岡の方より遺言についてのご相談

2019年05月14日

Q:自分の相続の際に家族の間でトラブルにならないような遺言書を作成しておきたい。(高岡)

私は高岡市内に住んでいますが、高岡市近隣に複数の不動産を所有し、複数の金融機関には高額の預貯金もあります。私の相続人は高岡市内に住む子供たちになりますが、最近、相続トラブルの話を耳にするたびに、私の相続が発生した時に、今は仲が良い子供たちが遺産分割でもめてしまい不仲とならないかと心配です。子供たちの間で相続トラブルが生じないような遺言書を今のうちに残しておきたいと思っていますが、私の場合、どのような種類の遺言書にどのような内容を記載しておけばよいのかについてアドバイスをいただきたいです。(高岡)

 

A:公正証書遺言を作成し、遺言書に遺産分割の方法を記載しておきましょう。

通常の遺言書の種類としては、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言がありますが、相続人の方達の相続トラブルを避けられる有効な遺言書を残しておきたいとお考えの相談者様のケースでは公正証書遺言を作成することをおすすめします。

公正証書遺言とは、証人2名以上の立会いのもとで、遺言者が公証役場の公証人に伝えた内容を公証人が筆記して作成する遺言書のことです。法律の知識を備えた公証人により遺言書の内容のチェックがされるため、有効な遺言書の作成が期待できます。

また、遺言書が作成された後は、公証役場で遺言書が保管されるので、遺言書の紛失や偽造・変造の心配もありません。そして、相続発生後には、家庭裁判所による遺言書の検認手続きが不要なのですぐに相続手続きを進められるというメリットもあります。

 

遺言書の作成は、その内容により家族の将来が大きく左右されます。富山相続よろず相談室ではご相談者様のご希望をお伺いし、将来相続人となった親族間で問題が起こらないように適切な遺言書案を一緒に考えていきます。高岡の皆様、まずは無料相談にてご心配事をお聞かせください。

高岡の方より遺言についてのご相談

2019年04月03日

Q:自分の遺産の一部を寄付したい。遺言書を書くべきでしょうか?(高岡)

私は高岡で長年会社経営を行っていた68歳の男性です。昨年信頼できる人に経営権を渡し、第2の人生を楽しんでいます。それなりに財産は築いてきましたが、ずっと独身のため、推定相続人は高岡から離れたところに住む、交流のない甥っ子のみです。子供のころから動物が好きなので、遺産の大半は動物を保護する団体に寄付したいと思っています。今から寄付先の団体の目星はつけているのですが、自分が亡くなった後に確実に遺産を寄付するにはどのように準備しておけばよいでしょうか?(高岡)

 

A:公正証書遺言を作成し、遺言執行者を指定することをお勧めします

ご相談者様の希望を叶えるには遺言書を作成することが必須になります。遺言書がないと相続人である甥御様が相続し、甥御様自身の意思により寄付をしない限り、寄付先に遺産を渡すことができません。遺言書は何度も作り直すことができるので、万が一に備えて早めに作成しておいたほうがよいでしょう。

通常時の遺言書の形式としては、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言とありますが、今回のケースでは公正証書遺言をおすすめします。公正証書遺言は遺言者が伝えた内容をもとに公証役場の公証人が文章をおこし、作成する遺言書のことです。法律の知識を備えた公証人によりチェックが入るため有効性のある遺言書の作成が望めます。また公証役場にて遺言書の保管が行われるので紛失の心配もありませんし、相続発生後に遺言書の検認が不要なのですぐに相続手続きにとりかかれるというメリットもあります。

またご相談者様は相続人以外の団体へ寄付したいという希望なので、遺言執行者を決めておきましょう。遺言執行者は、遺言書の内容を実現することを目的として必要な手続き等を行う役割を担った人です。この人は遺言書によって指定することができます。事前に信頼できる人にお願いし、その人に公正証書遺言を預けておけば安心です。

なお甥御様には遺留分はありませんので、ご相談者様の遺産全額を寄付したとしても、寄付先に遺留分を請求されることはありません。誰に、どの財産を遺贈するかはご本人の意思で決めることができますので、まずはご検討ください。

 

遺言書の作成は、その内容により家族の将来が大きく左右されます。富山相続よろず相談室ではご相談者様のご希望をお伺いし、将来親族間で問題が起こらないように適切な遺言書案を一緒に考えていきます。高岡の皆様、まずは無料相談にてご心配事をお聞かせください。

 

 

1 / 212

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0766-63-8050

平日:9時00分~17時00分 時間外・休日対応可

  • お問合せ

富山相続よろず相談室では、初回無料相談を受け付けております。また、当事務所は高岡市にございますが出張面談も受け付けておりますので、富山県内や高岡近郊にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします